メリック マーティン (メリック マーティン)

MIELICK Martin

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

アイデンティティ, イデオロギー, 談話分析, ナショナリズム、グローバリゼーション.

ホームページ

https://www.researchgate.net/profile/Martin-Mielick

出身学校 【 表示 / 非表示

  • ランカスター大学   文芸学部   英語学   グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • マンチェスター大学  文芸学研究科  修士課程  修了  グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

  • カンタベリークライストチャーチ大学  博士号応用言語学  研究科博士後期課程   博士課程  単位取得満期退学  グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

取得学位 【 表示 / 非表示

  • ランカスター大学 -  英語学  英語学

  • マンチェスター大学 -  英語教育  英語学

  • カンタベリークライストチャーチ大学 -  博士号応用言語学  言語学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 日本語能力試験

  • 英語教育の証明書

  • レクリエーションインストラクター/コーディネーター

 

論文 【 表示 / 非表示

  • なぜ英語の外来語を使うことは’かっこいい’とされるのか?日本のケーススタディ

    Martin Mielick  ( 単著 )

    Zoghbor, W., Coombe, C., Al Alami, S., & Abu-Rmaileh, S. (Eds.). Proceedings of the 22nd TESOL Arabia Conference: Language, Culture, Communication: Transformations in Intercultural Contexts   22   202 - 212   2017年04月

    研究論文(国際会議プロシーディングス)  英語

  • 日本の社会問題のメディア分析を通じて、学生の、国内的およびグローバルな自己アイデンティティへの意識を高める

    Martin Mielick  ( 単著 )

    JALT Global Issues in Language Education Newsletter   103   16 - 17   2017年06月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  英語

  • 日本のメディアでの英語の外来語使用に対する日本の大学生の懸念を探る

    Martin Mielick  ( 単著 )

    ThaiTESOL Journal   30 ( 1 ) 1 - 27   2017年07月

    研究論文(学術雑誌)  英語

  • 成功へ導くオンライン教育学

    Martin Mielick  ( 単著 )

    Introduction to the Special Section: Teaching During a Pandemic. Literacies and Language Education: Research and Practice, Kanda University of International Studies Journal.     2020年08月

    研究論文(大学,研究機関紀要)  英語

 

ティーチング・ポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    教育の理念:

    My teaching philosophy is based upon methods which value the diversity of the classroom and students’ individual differences. I believe that I do not necessarily teach Japanese students per se but rather young global citizens in this dynamic age and I feel it is of the utmost importance to teach critical thinking skills in these testing times.

    教育の理念の具現化・成果等:

    To promote diversity of opinion and originality in the classroom through critical thinking.
    To make students aware of their identity and how language learning fits into their academic life.
    To promote students' global thinking in line with the promotion of Japan's drive for internationalisation.

    今後の目標・改善点等:

    To finish PhD part-time study in 2023.
    To publish the book titled 'Discourses of Identity in Japan: Language Learning, Teaching, and Revitalizing Perspectives' with Ryuko Kubota and Luke Lawrence through Palgrave Macmillan.

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • English for Academic Presentations (M1) Omiya Campus   ( 講義 )

    Graduate students of architecture, electrical engineering and biomedical engineering.

  • English for Academic Presentations (M1) Hirakata Campus   ( 講義 )

    Teaching graduate students of the Information Science faculty.

  • PBL Omiya Campus   ( 演習 )

    Elective course focussing on undergraduate students project-based learning skills in English.

  • PBL Hirakata Campus   ( 演習 )

    Elective course focussing on undergraduate students project-based learning skills in English.