濵田 悦生 (ハマダ エツオ)

HAMADA Etsuo

写真a

職名

教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   理学部   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  基礎工学研究科  修士課程  修了  日本国

  • 大阪大学  基礎工学研究科  博士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  理学士  数学基礎・応用数学

  • 大阪大学 -  工学修士  数学基礎・応用数学

  • 大阪大学 -  博士(理学)  数学基礎・応用数学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1990年12月
    -
    継続中
     

    日本数学会  日本国

  • 1990年12月
    -
    継続中
     

    日本統計学会  日本国

  • 1994年05月
    -
    継続中
     

    国際数理科学協会(旧 日本数理科学協会)  日本国

  • 2001年03月
    -
    継続中
     

    日本応用数理学会  日本国

  • 2009年07月
    -
    継続中
     

    日本社会福祉学会  日本国

全件表示 >>

所属学会委員歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年05月
    -
    1997年07月

    日本統計学会   第65回大会 大会実行副委員長

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    日本数学会   統計分科会運営委員

  • 2011年04月
    -
    継続中

    国際数理科学協会   年会担当理事

  • 2012年04月
    -
    2013年06月

    日本統計学会   企画・行事委員会委員

  • 2019年08月
    -
    2019年09月

    日本行動計量学会   第47回大会 大会実行委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 数学基礎・応用数学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • ソフトウェア開発技術者/第1種情報処理技術者

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本での COVID-19 禍における PCR 陽性者数と感染死亡者数の Granger 因果性の検討

    濵田悦生  ( 単著 )

    行動計量学     2020年12月

    研究論文(学術雑誌)  日本語

  • Determination of the Optimal Number of Strata for Propensity Score Subclassification

    Sun-ichiro Orihara, Etsuo Hamada  ( 共著 )

    Statistics and Probability Letters     2020年09月

    研究論文(学術雑誌)  英語

  • On a misuse of sufficient statistics in the exponential family

    Etsuo Hamada  ( 単著 )

    Scientiae Mathematicae Japonicae   82 ( 1 ) 19 - 28   2019年07月

    研究論文(学術雑誌)  英語

  • A discrete probabilistic model for analyzing pairwise comparison matrices

    Sumito Kurata, Etsuo Hamada  ( 共著 )

    Communications in Statistics –Theory and Methods   48 ( 15 ) 3801 - 3815   2019年06月

    研究論文(学術雑誌)  英語

  • On the consistency and the robustness in model selection criteria

    Sumito Kurata, Etsuo Hamada  ( 共著 )

    Communications in Statistics –Theory and Methods   49 ( 21 ) 5175 - 5195   2019年06月

    研究論文(学術雑誌)  英語

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • データサイエンスの基礎

    濵田悦生  ( 単著 )

    講談社サイエンティフィック   2019年12月  教科書  日本語

  • 統計学辞典

    白旗慎吾, 他  ( 共訳 )

    共立出版  2010年10月  事典・辞書  日本語

  • Rで学ぶデータマイニングII

    熊谷悦生, 舟尾暢男  ( 共著 )

    オーム社  2008年12月  単行本(学術書)  日本語

  • Rで学ぶデータマイニングI

    熊谷悦生, 舟尾暢男  ( 共著 )

    オーム社  2008年12月  単行本(学術書)  日本語

  • 統計学を拓いた異才たち

    竹内惠行, 熊谷悦生  ( 共訳 )

    日本経済新聞社  2006年03月  単行本(学術書)  日本語

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 学会誌書評「Expansions and Asymptotics for Statistics」

    熊谷悦生  ( 単著 )

    日本統計学会誌   43 ( 2 ) 385 - 387   2014年03月

    書評,文献紹介等  日本語

  • 自己回帰モデルにおける情報量損失の抽出ファクターについて

    熊谷悦生  ( 単著 )

    国際数理科学協会 会報   80   2 - 13   2012年03月

    総説・解説(学術雑誌)  日本語

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • Mathematical Reviews の reviewer

    その他  American Mathematical Society 

    2005年10月
    -
    継続中
     

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本統計学会スポーツ分科会 第4回スポーツデータ解析コンペティション 野球部門優秀賞

    日本統計学会   国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    受賞国:日本国

  • 大阪大学功績賞 (社会・国際貢献部門)

    大阪大学   その他の賞 

    受賞国:日本国

  • 大阪大学 共通教育賞 平成16年度第2学期

    大阪大学   その他の賞 

    受賞国:日本国

  • 日本数理科学協会 清水賞

    日本数理科学協会   国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    受賞国:日本国

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • レニー・ダイバージェンスに対する多層融合化規準への拡張と議員定数問題への応用

    研究期間:2018年04月  -  2021年03月 

  • 拡張された指数型分布族における統計的推測とその情報量損失の研究

    研究期間:2006年04月  -  2009年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • On a refinement of Hoeffding’s inequality

    濵田悦生

    国内会議  2020年度 統計関連学会連合大会   口頭(一般)

    2020年09月
     
     

  • Hoeffdingの不等式に関する一考察

    濵田悦生

    国内会議  国際数理科学協会年会 統計分科会  口頭(一般)

    2020年08月
     
     

  • 線形混合モデルを用いた小地域データ分析

    鈴木雄大, 濵田悦生

    国内会議  国際数理科学協会年会 統計分科会  口頭(一般)

    2020年08月
     
     

  • ファッションコーディネートに関する個人の好みのモデル化

    吉澤駿人, 濵田悦生

    国内会議  国際数理科学協会年会 統計分科会  口頭(一般)

    2020年08月
     
     

  • On causal inference without counterfactuals

    濵田悦生

    国内会議  国際数理科学協会年会 統計分科会  口頭(一般)

    2019年08月
     
     

全件表示 >>

 

ティーチング・ポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    教育の理念:

    大学での学部教育は、勉強から研究に向かうための訓練をする場である。既存知識に対して新たな問題点を探り自分で解決する力を身に着けるべく、学生自身が理解する力、考える力や発表する力を付けることが出来る契機となりうる教育を行う。

    教育の理念の具現化・成果等:

    担当する講義や情報ゼミでは、毎回課題に取り組む時間を設けて、その時間に学生自身が、課題内容に対して既存の知識との整合性やその差異を認識させることを意図した課題提供を実施する。

    今後の目標・改善点等:

    講義のアンケート評価に対するフィードバックを次年度に反映すると共に、講義や情報ゼミを通じて学部生の大学院進学を促進する。

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 微積分学I(ID科B組)   ( 講義 )

  • 確率・統計(IC科)   ( 講義 )

  • 確率・統計(IM科)   ( 講義 )

  • データサイエンス入門   ( 講義 )

  • 統計解析   ( 講義 )

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • データサイエンスの基礎

    2018年01月
    -
    2019年06月

    教科書  単独

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 SEEDS 2018 体感科学研究

    2018年10月
     
     

  • 出張講義(舟入高校)

    2017年07月
     
     

  • 出張講義(清風高校)

    2012年08月