野澤 真人 (ノザワ マサト)

NOZAWA Masato

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

一般相対性理論、超重力理論

ホームページ

https://www.oit.ac.jp/ge/~nozawa/#TOP

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   理工学部   物理学科   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学  理工学研究科  物理学及応用物理学  修士課程  修了  日本国

  • 早稲田大学  理工学研究科  物理学及応用物理学  博士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学 -  理学  素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

  • 早稲田大学 -  理学  素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2004年06月
    -
    継続中
     

    日本物理学会  日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 量子情報を用いた量子宇宙の数理とその応用

    科学研究費補助金  

    研究期間:2021年09月  -  2026年03月

    国内共同研究

  • 無毛仮説の検証へ向けたブラックホール時空の分類

    科学研究費補助金  

    研究期間:2020年04月  -  継続中

    ブラックホール

    個人研究

  • アインシュタイン方程式と3次元モジュライ空間論の新展開

    科学研究費補助金  

    研究期間:2017年04月  -  継続中

    国内共同研究

  • 超重力理論における重力解の組織的分類とその解析

    科学研究費補助金  

    研究期間:2014年04月  -  2016年03月

    個人研究

  • 素粒子統一理論に基づくブラックホール解の性質とその解析

    科学研究費補助金  

    研究期間:2007年04月  -  2009年03月

    個人研究

論文 【 表示 / 非表示

  • An alternative to the Simon tensor

    Masato Nozawa  ( 単著 )

    Classical and Quantum Gravity   38 ( 15 )   2021年07月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • Static spacetimes haunted by a phantom scalar field. I. Classification and global structure in the massless case

    Cristian Martinez, Masato Nozawa  ( 共著 )

    Physical Review D     2021年01月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • Static spacetimes haunted by a phantom scalar field III: asymptotically (A)dS solutions

    Masato Nozawa  ( 単著 )

    Physical Review D     2021年01月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • Static spacetimes haunted by a phantom scalar field II: dilatonic charged solutions

    Masato Nozawa  ( 単著 )

    Physical Review D     2021年01月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • 6D (1,1) Gauged Supergravities from Orientifold Compactifications

    Giuseppe Dibitetto, Jose J. Fernandez-Melgarejo, Masato Nozawa  ( 共著 )

    Journal of High Energy Physics     2020年05月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ブラックホールの情報パラドックス 解決へ新たな糸口

    野澤真人,白水徹也  ( 共訳 )

    日経サイエンス社  2021年06月  その他  日本語

    【原書情報】 Escape from a Black Hole  Steven B. Giddings  2019年12月

  • 相対論と宇宙の事典

    安藤正樹,白水徹也 他  ( 分担執筆 )

    朝倉書店  2020年06月  事典・辞書  日本語

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ブラックホールと特異点定理

    野澤真人  ( 単著 )

    数学セミナー ( 日本評論社 )   2021年02月

    総説・解説(商業誌)  日本語

  • 可積分系と重力

    野澤真人,前田恵一  ( 共著 )

    数理科学     2009年10月

    総説・解説(商業誌)  日本語

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 国際論文査読

    その他  Physica Scripta 

    2022年04月
    -
    継続中
     

受賞 【 表示 / 非表示

  • Outstanding Referee of American Physical Society

    American Physical Society   学会誌・学術雑誌による顕彰 

    受賞国:日本国

  • Outstanding Presentation Award, Gold Prize

    The 28th Workshop on General Relativity and Gravitation in Japan   国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

    受賞国:日本国

  • Outstanding Presentation Award, Gold Prize

    The 23rd Workshop on General Relativity and Gravitation in Japan   国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

    受賞国:日本国

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 量子情報を用いた量子宇宙の数理とその応用

    研究期間:2021年09月  -  2026年03月 

  • 無毛仮説の検証へ向けたブラックホール時空の分類

    研究期間:2020年04月  -  継続中 

  • アインシュタイン方程式と3次元モジュライ空間論の新展開

    研究期間:2017年04月  -  継続中 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Gauged supergravities in six dimensions from orientifold compactifications

    Masato Nozawa

    国際会議  The 30th Workshop on General Relativity and Gravitation in Japan  ( Waseda University (online) )  ポスター(一般)

    2021年12月
     
     

  • On the uniqueness theorem of static black holes in AdS

    野澤真人

    国内会議  日本物理学会秋 季大会  ( オンライン開催 )  口頭(一般)

    2021年09月
     
     

  • Static black holes: uniqueness and beyond

    Masato Nozawa

    国内会議  The 4th workshop on Mathematics and Physics in General Relativity  口頭(一般)

    2021年03月
     
     

  • Static wormholes in AdS

    Masato Nozawa

    国際会議  Online JGRG workshop 2020  口頭(一般)

    2020年11月
     
     

  • Classification and global structure of static solutions with a phantom scalar field

    野澤真人,前田秀基,Cristian Martinez

    国内会議  日本物理学会秋季大会  口頭(一般)

    2020年09月
     
     

全件表示 >>

 

ティーチング・ポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    教育の理念:

    情報の洪水に溺れることなく、科学的な知識や論理的な思考力に基づき、自分の頭で考えていくことは、研究者に限らず社会へ出ていく学生にとっても大切な姿勢である。物理の問題を自分の力で解くことは、このような力を養っていくのに最適である。私たちの宇宙の従っている法則を学ぶと同時に、学生のロジカルシンキングを鍛えていきたい。

    教育の理念の具現化・成果等:

    物理学は理論と実験の両輪が回ってこそ、楽しく感じられる学問である。理論の授業で学んでいることが、どのように身の回りの現象で見られ、身近な技術に応用されているのかを示す。また数式だけで物理現象をイメージするのは難しいことから、ムービーを用いた解説やコンピュータによるシミュレーション動画を提示して、イメージが湧くように工夫する。演習問題では公式の暗記ではなく、途中のプロセスを大切にするよう伝えていく。

    今後の目標・改善点等:

    1年生の力学の授業では、高校生のときに微分積分を習っている学生とそうでない学生で理解度に大きな開きが見られた。入試制度の多様化により、1クラスでこれほどばらつきが出てしまうのは懸念事項である。今後はこの部分を補足するプリントやサポート動画を充実させて改善に取り組む。

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 物理学c   ( 講義 )

  • 物理学I   ( 講義 )

  • 物理数学I   ( 講義 )

  • 物理学b   ( 講義 )

  • 物理学a   ( 講義 )

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 待ちに待った重力波物理学の到来

    2016年09月