地嵜 頌子 (チサキ ショウコ)

CHISAKI Shoko

写真a

職名

講師

ホームページ

https://sites.google.com/view/chisakilab-oit/

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京理科大学   理工学部   情報科学科   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京理科大学大学院  理工学研究科  情報科学専攻  修士課程  修了  日本国

  • 東京理科大学大学院  理工学研究科  情報科学専攻  博士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京理科大学 -  学士(理学)  数学基礎・応用数学

  • 東京理科大学 -  修士(理学)  数学基礎・応用数学

  • 東京理科大学 -  博士(理学)  数学基礎・応用数学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    日本数学会  日本国

  • 2017年04月
    -
    継続中
     

    日本応用数理学会  日本国

  • 2017年04月
    -
    継続中
     

    日本統計学会  日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 数学基礎・応用数学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 深層学習における正則化へのドロップアウトデザインの適用

    熊澤 努, 地嵜 頌子, 中川 智之, 室井 浩明, 渡邉 卓也  ( 共著 )

    ソフトウェア・シンポジウム2022 論文集     1 - 10   2022年06月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  日本語

  • A construction for circulant type dropout designs

    Shoko Chisaki, Ryoh Fuji-Hara, Nobuko Miyamoto  ( 共著 )

    Designs, Codes and Cryptography   89   1839 - 1852   2021年05月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • Combinatorial designs for deep learning

    Shoko Chisaki, Ryoh Fuji-Hara, Nobuko Miyamoto  ( 共著 )

    Journal of Combinatorial Designs   28 ( 9 ) 633 - 657   2020年05月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • A recursive construction for difference systems of sets

    Chisaki Shoko, Kimura Yui, Miyamoto Nobuko  ( 共著 )

    Designs, Codes and Cryptography   87 ( 5 ) 1059 - 1068   2019年05月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • Computational Results for Regular Difference Systems of Sets Attaining or Being Close to the Levenshtein Bound

    Shoko Chisaki, Nobuko Miyamoto  ( 共著 )

    JOURNAL OF COMBINATORIAL DESIGNS   24 ( 12 ) 553 - 568   2016年12月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • ソフトウェア・シンポジウム2022 最優秀論文賞

    ソフトウェア技術者協会   国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    受賞国:日本国

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Optimality of spanning bipartite block designs

    地嵜頌子, 栗木進二, 藤原 良叔, 宮本 暢子

    国内会議  日本数学会2021年度会 統計分科会  口頭(一般)

    2022年03月
     
     

  • Spanning bipartite block design とその構成

    地嵜頌子

    国内会議  早稲田大学 代数的組合せ 論セミナー   公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

    2021年10月
     
     

  • A construction for spanning bipartite block designs

    地嵜頌子, 藤原 良叔, 宮本 暢子

    国内会議  日本数学会 秋季総合分科会 統計数学分科会  口頭(一般)

    2021年09月
     
     

  • Spanning bipartite block design と最 適性

    地嵜頌子, 栗木 進ニ, 藤原 良叔, 宮本 暢子

    国内会議  Japanese Conference on Combinatorics and its Applications 2021・離散数学とその応用研 究集会 2021 ミニシンポジウム「符号・暗号・人工知能」  シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

    2021年08月
     
     

  • ドロップアウトデザインの深層学習への適用と性能評価

    熊澤努, 地嵜頌子, 中川智之, 室井浩明, 渡邉卓也

    国内会議  Japanese Conference on Combinatorics and its Applications 2021・離散数学とその応用研 究集会 2022 ミニシンポジウム「符号・暗号・人工知能」  シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

    2021年08月
     
     

全件表示 >>

 

ティーチング・ポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2022年度

    教育の理念:

    数理的な科目の教育における重要課題は, 定理や重要な性質をいかに学生に理解してもらいうかであると考えている. 数学的証明を学生に理解してもらうことも大切であるが, 直感的に概念を理解してもらうことも重要である. 概念とは数理現象の「原理」や「仕組み」のことで, それを理解することが, 応用や例外的な処理を行うのに重要であると考える. 本学における数学系科目担当として, 情報科学分野の専門性を身に付けるための基礎としての数学を教えていきたいと考えている.

    教育の理念の具現化・成果等:

    教育の理念を実行するため, 分野・項目ごとに目標を明確化し, 具体的な事例と共にわかりやすく説明している. また, 例題・演習のステップを踏むことで知識の定着に努めている. オンライン授業実施下においても, 従来通りの授業と遜色のない内容となるよう努めている.

    今後の目標・改善点等:

    数学科目におけるオンライン下でのテストに関して課題が残っている.
    現在知られているほとんどの問題は検索サイトを駆使して解答が得られてしまうため, テスト問題への創意工夫を引き続き行なっていく.

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • グラフ理論   ( 講義 )

  • 情報数学   ( 講義 )

  • システム最適化理論   ( 講義 )

  • コンピュータリテラシー   ( 演習 )

  • 情報科学実践演習(国際PBL)   ( 演習 )

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • The International Symposium on Information Theory and Its Applications 実行委員会

    2018年05月
    -
    2022年03月