本田 澄 (ホンダ キヨシ)

Kiyoshi Honda

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

ソフトウェア工学、ソフトウェア信頼性

ホームページ

https://softwarereliabilitylab.github.io/

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   理工学部   物質開発工学科   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学  先進理工学研究科  ナノ理工学専攻  修士課程  修了  日本国

  • 早稲田大学  基幹理工学研究科  情報理工学専攻  博士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学 -  工学  ソフトウェア

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2013年03月
    -
    継続中
     

    情報処理学会  日本国

  • 2018年04月
    -
    継続中
     

    日本ソフトウェア科学会  日本国

  • 2019年06月
    -
    継続中
     

    IEEE  日本国

所属学会委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2021年03月

    情報処理学会ソフトウェア工学研究会   運営委員

  • 2018年04月
    -
    継続中

    日本ソフトウェア科学会実践的IT教育研究会   運営委員

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    26th Asia-Pacific Software Engineering Conference   Programme Committee Member

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    10th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice   Program Committee Member

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    IEEE Computer Society Signature Conference on Computers, Software and Applications (COMPSAC 2019)   Program Committee

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ソフトウェア

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 大規模欠陥データを利用したソフトウェア開発におけるプロジェクト比較の枠組みの研究

    科学研究費補助金  

    研究期間:2019年04月  -  継続中

    ソフトウェア信頼性 / プロジェクトマネージメント / 開発手法 / ソフトウェア品質 / 時系列解析

    個人研究

    ソフトウェア開発においては、ソフトウェアに不具合を与える様々な欠陥が作りこまれ、試験(テスト)によってモニタリングされる。開発中に欠陥数がどれだけ存在するかを予測する方法が数多く提案されているが、それぞれの方法は特定の状況下でのみ有効であり、条件が異なる場合に利用できない。また、ドメインや開発手法の異なるプロジェクトを対象とした評価は行われておらず、それぞれの特性を考慮したものはない。そこで様々な企業におけるソフトウェア開発で発見された欠陥情報を収集しドメインや特性に関する知見を分析しまとめ広く公開する。

  • ヘテロな開発運用時代の保守進化を支える全方向ソフトウェア追跡

    科学研究費補助金  

    研究期間:2016年04月  -  2022年03月

    ソフトウエア開発効率化・安定化 / ソフトウエア学 / ソフトウェアモジュール / ソフトウェア開発環境 / ソフトウエアモジュール / ソフトウエア開発環境 / ソフトウエア開発効率化・ 安定化 / ソフトウェア保守 / ソフトウェア進化

    国内共同研究

    多くのソフトウェアがモデリング・プログラミング言語を含む多様な環境を併用して開発され多様な実行環境で運用保守される今日のヘテロな開発運用時代において、その多様性を扱えるソフトウェアの要求や要素の追跡、変更・再利用支援技術の欠如が、迅速かつ高信頼なソフトウェア保守進化の妨げとなっている。本研究では、代表者および分担者らの研究成果を応用および発展させて、(1)言語を含む環境や成果物に対しロバストな網羅的追跡技術、(2)異なる追跡結果をまとめることによる高信頼追跡技術、(3)追跡結果に基づいて保守進化を促すための変更・再利用支援技術を確立する。結果として、ヘテロな開発運用時代において工程を超えた適切な抽象度における変更必要箇所の特定、変更、再利用を迅速かつ高精度に実現し、保守進化の基盤を与える。

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 高信頼な機械学習応用システムによる価値創造 QAML メンバー

    その他  高信頼な機械学習応用システムによる価値創造 QAML 

    2018年04月
    -
    継続中
     

  • 招聘研究員

    その他  早稲田大学 グリーン・コンピューティング・システム研究機構 

    2017年04月
    -
    継続中
     

受賞 【 表示 / 非表示

  • スマートエスイー感謝状

    スマートエスイー : スマートシステム&サービス技術の産学連携イノベーティブ人材育成   学会誌・学術雑誌による顕彰 

    受賞国:日本国

  • Most Read Articles 2017

    International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering   学会誌・学術雑誌による顕彰 

    受賞国:シンガポール共和国

  • インタラクティブ特別賞

    ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017   国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    受賞国:日本国

  • 2017年度研究会推薦博士論文

    情報処理学会   国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    受賞国:日本国

  • ACE Best Student Paper

    17th Computing Research and Education Association of Australasia   国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

    受賞国:日本国

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • DIDを利用したアジャイル化による効果の評価に向けた試み

    本田澄, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 多賀正博, 松崎明

    国内会議  第28回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ  ポスター(一般)

    2021年11月
     
     

  • バージョン間の差分に着目したリファクタリング実施状況の調査

    西尾 達哉,本田 澄

    国内会議  第27回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ  ポスター(一般)

    2020年11月
     
     

  • Industrial Case Study on Time Series Analysis of Metrics Changes Based on GQM Models

    Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Masahiro Taga, Akira Matsuzaki

    国際会議  2019 10th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP)  ( Tokyo, Japan )  口頭(一般)

    2019年12月
     
     

    【発表要旨集】 2019 10th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP)  13  -  18  2019年12月

  • 欠陥データを利用したソフトウェアプロジェクト比較手法に関する研究に向けて

    本田澄, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

    国内会議  第26回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE2019  ( 岐阜県下呂市(下呂温泉) )  ポスター(一般)

    2019年11月
     
     

  • 産学連携の目標と戦略に関する分析

    本田 澄

    国内会議  ソフトウェア工学産学協創ワークショップ@湯河原  ( レクトーレ湯河原 )  口頭(招待・特別)

    2019年11月
     
     

全件表示 >>

 

ティーチング・ポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    教育の理念:

    世のため、人のため、地域のため、理論に裏付けられた実践的技術をもち、現場で活躍できる専門職業人を育成するため、様々な実践的な教育手法を取り入れた教育を実施する。

    教育の理念の具現化・成果等:

    教育の理念を具体化するために、さまざまな企業と連携して最新の研究を行い、その成果を授業へ取り入れることを実施している。企業との共同研究では国内会議および国際会議、論文誌への投稿を行い採録されている。

    今後の目標・改善点等:

    今後の目標としては、より多くの企業または関係者と共同で研究を実施し、理論に裏付けられた実践的技術を開発し、現場で活躍できる専門職業人の育成に取り入れていきたい。

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • UNIXシステム入門   ( 講義 )

  • Java演習   ( 演習 )

  • 情報システム基礎演習   ( 演習 )

  • 情報ゼミナール   ( 演習 )

  • 情報システム応用演習   ( 演習 )

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>