上野 未貴 (ウエノ ミキ)

Miki Ueno

写真a

職名

講師

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学   工学部   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学  工学研究科  修士課程  修了  日本国

  • 大阪府立大学  工学研究科  博士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学 -  学士(工学)  感性情報学

  • 大阪府立大学 -  修士(工学)  感性情報学

  • 大阪府立大学 -  博士(工学)  感性情報学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 感性情報学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 深層学習を用いた手書き文字のフォーマルとカジュアルの書き分け支援システムの構築

    突廻 恵太, 上野 未貴  ( 共著 )

    人工知能学会全国大会論文集     2021年06月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  日本語

  • 写真作品の称賛点解析を目的とした写真創作支援システムの構築

    青木 俊憲, 上野 未貴  ( 共著 )

    人工知能学会全国大会論文集     2021年06月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  日本語

  • 写真画像のコンテスト情報に基づく自動用紙推定システムの構築

    平井 喜一, 上野 未貴  ( 共著 )

    人工知能学会全国大会論文集     2021年06月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  日本語

  • 深層学習を用いた手書き文字のフォーマルとカジュアルの分類

    突廻 恵太, 上野 未貴  ( 共著 )

    HAIシンポジウム     2021年03月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  日本語

  • 写真画像に基づく自動用紙推定の提案"

    平井 喜一, 上野 未貴  ( 共著 )

    HAIシンポジウム     2021年03月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  日本語

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 写真画像に基づく自動用紙推定の提案

    平井 喜一, 上野 未貴

    国内会議  HAIシンポジウム  ポスター(一般)

    2021年03月
     
     

  • 深層学習を用いた手書き文字のフォーマルとカジュアルの分類

    突廻 恵太, 上野 未貴

    国内会議  HAIシンポジウム  ポスター(一般)

    2021年03月
     
     

  • データサイエンス基礎と実践 ~データサイエンティストへの道~ II

    上野未貴

    国内会議  電子情報通信学会関西支部イブニングセミナー  公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

    2021年01月
     
     

  • データサイエンス基礎と実践 ~データサイエンティストへの道~ I

    上野未貴

    国内会議  電子情報通信学会関西支部イブニングセミナー  公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

    2020年12月
     
     

  • Analysis of Partial Semantic Segmentation for Images of Four-Scene Comics

    Akira Terauchi, Naoki Mori, Miki Ueno

    国際会議  Distributed Computing and Artificial Intelligence, Advances in Intelligent Systems and Computing  口頭(一般)

    2020年10月
     
     

全件表示 >>

 

ティーチング・ポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    教育の理念:

    個人の興味・進路・素養を尊重し,知的好奇心に応じた学びの観点を伝えて共に学び合い考える.
    自分の頭で考えたアイデアを自分自身で物として創る力を養う.

    教育の理念の具現化・成果等:

    授業で学ぶ事柄と研究素養を対応付けて伝える,学ぶ時に参考になる書籍・論文・技術情報を共に探して日頃から教えあえる場をつくり,
    自ら学びたい目標を見つけて究める力を養うことで,在学中は元より,それまでの学びの振返りその後の学びも探索する力が伸びる学生を見ている.

    今後の目標・改善点等:

    在学中においては限られた学びの時間を濃くできるよう学び方を常に全体と部分の両視点から眺め,人々と関わり多くの経験を積み自身も学び続ける.