鎌倉 良成 (カマクラ ヨシナリ)

Yoshinari Kamakura

写真a

職名

教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学   工学部   電子工学科   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  工学研究科  電子工学専攻  修士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 -  博士(工学)  電子デバイス・電子機器

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1997年12月
    -
    継続中
     

    IEEE  アメリカ合衆国

  • 2020年02月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会  日本国

所属学会委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年06月
    -
    2025年06月

    電子情報通信学会和文論文誌C編集委員会   和文論文誌編集委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 電子デバイス・電子機器

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • プレーナ型スケーラブル熱電発電機構の実証と展開

    委託研究  

    研究期間:2015年12月  -  2023年03月

    国内共同研究

論文 【 表示 / 非表示

  • [招待講演]放射加熱/冷却を利用した環境発電装置の実装、評価、解析

    鎌倉良成, 港恭哉, 藤田悠摩, 鈴木悠平  ( 共著 )

    電子情報通信学会 シリコン材料・デバイス研究会(SDM)     2022年05月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  日本語

  • Toward Super Temporal Resolution by Suppression of Mixing Effects of Electrons

    Nguyen Hoai Ngo, Takeharu Goji Etoh, Kazuhiro Shimonomura, Taeko Ando, Yoshiyuki Matsunaga, Takayoshi Shimura, Heiji Watanabe, Hideki Mutoh, Yoshinari Kamakura, Edoardo Charbon  ( 共著 )

    IEEE Transactions on Electron Devices   69 ( 6 ) 2879 - 2885   2022年04月

    研究論文(学術雑誌)  英語

  • フォノンボルツマン輸送方程式によるSi微細構造中の温度分布解析

    藤田悠摩, 鈴木悠平, 鎌倉良成  ( 共著 )

    フォノンボルツマン輸送方程式によるSi微細構造中の温度分布解析     2022年03月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  日本語

  • HIRATHON:市民・産官学協働によるAI データサイエンス的アプローチによる地域の価値創造の推進

    佐野睦夫, 尾崎敦夫, 鎌倉良成, 河合紀彦, 鈴木悠平, 豊味諒磨, 今井弘二  ( 共著 )

    人工知能学会誌   37 ( 2 ) 179 - 186   2022年03月

    研究論文(学術雑誌)  日本語

  • 機械学習を用いた極微細MOSFETの電気特性およびパラメータの推定

    赤澤 光平, 中西 唯吾, 鈴木 悠平, 鎌倉 良成  ( 共著 )

    電子情報通信学会 シリコン材料・デバイス研究会(SDM)     2021年11月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  日本語

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第4回 「薄膜・表面物理分科会 論文賞」

    応用物理学会 薄膜・表面物理分科会   学会誌・学術雑誌による顕彰 

    受賞国:日本国

  • 電子情報通信学会業績賞

    電子情報通信学会   国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    受賞国:日本国

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 特性ゆらぎの統計的性質を考慮したReRAM回路シミュレーションモデルの開発

    研究期間:2021年04月  -  2024年03月 

  • ミューオン起因ソフトエラー評価基盤技術:実測とシミュレーションに基づく将来予測

    日本学術振興会  科研費基盤研究(S)

    研究期間:2019年04月  -  継続中 

  • モンテカルロ法によるシングルフォトンアバランシェダイオードの解析

    日本学術振興会  科研費基盤研究(C)

    研究期間:2017年04月  -  継続中 

  • プレーナ型スケーラブル熱電発電機構の実証と展開

    科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業

    研究期間:2015年12月  -  継続中 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 放射加熱/放射冷却を利用した環境発電実験とその解析

    鎌倉 良成

    国内会議  エネルギーハーベスティングコンソーシアム×アンビエントロニクス研究所合同シンポジウム  口頭(招待・特別)

    2021年03月
     
     

  • 放射加熱/冷却を利用した環境発電装置の評価と解析

    東 星輝, 鈴木 悠平, 鎌倉 良成

    国内会議  2021年電子情報通信学会総合大会  口頭(一般)

    2021年03月
     
     

  • モンテカルロシミュレーションによる微細Siワイヤのフォノンの平均自由行程の解析

    鈴木 悠平, 藤田 悠摩, ファウジア ホティマトゥル, 野北 崇人, 池田 浩也, 渡邉 孝信, 鎌倉 良成

    国内会議  電子情報通信学会 シリコン材料・デバイス研究会(SDM)  口頭(一般)

    2020年11月
     
     

  • A model of dark current mechanism in barrier infrared photodetectors

    Yen Le Thi, Yoshinari Kamakura, Nobuya Mori

    国内会議  電子情報通信学会 シリコン材料・デバイス研究会(SDM)  口頭(一般)

    2020年11月
     
     

  • GPU-accelerated Monte Carlo simulation of quasi-ballistic phonon transport in Si

    Yuma Fujita, Yuhei Suzuki, Yoshinari Kamakura

    国内会議  IMFEDK 2020 Satellite event Poster Session  ポスター(一般)

    2020年11月
     
     

全件表示 >>

 

ティーチング・ポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2022年度

    教育の理念:

    主に数理分野の授業を担当している。基礎的な概念をしっかり理解し、さらに情報科学分野で必要となる計算力や論理的思考能力等を身に付けた上で、それらを実践的な場面で応用することのできる人材を育成することを目指している。

    教育の理念の具現化・成果等:

    微積分や線形代数が情報科学分野でどのように役立っているのか、具体例を例示することで学生の興味を喚起し、学修の動機づけを図った。

    今後の目標・改善点等:

    情報分野で求められる基本的な数学的素養を学生が身に付け、実社会で活躍できる人材を育てられるよう、効果的な教授法や教材を常に探求し、改善を積み重ねていきたい。

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 情報科学演習Ⅲ   ( 実験実習 )

  • 周波数解析   ( 講義 )

    IS科2年対象
    前期月曜4限

  • 周波数解析   ( 講義 )

    IM科2年、IN科2年(再履修)対象
    前期水曜2限

  • 線形数学I   ( 講義 )

    IS科1年対象
    前期木曜3限

  • 線形数学I   ( 講義 )

    IM科1年対象
    前期木曜3限

全件表示 >>