眞銅 雅子 (シンドウ マサコ)

SHINDO Masako

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

プラズマ応用、微粒子プラズマ、プラズマ滅菌

ホームページ

http://www.oit.ac.jp/www-ee/server/aplab/res/r1.html

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  理学研究科  物理学専攻  修士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  修士(理学)  素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本物理学会  日本国

  •  
     
     
     

    プラズマ核融合学会  日本国

  •  
     
     
     

    応用物理学会  日本国

  • 2016年12月
    -
    継続中
     

    電気学会  日本国

所属学会委員歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    応用物理学会   代議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • プラズマ科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 種子滅菌用大気圧放電プラズマ源の作製と滅菌特性の調査

    共同研究  

    研究期間:2017年04月  -  継続中

    DBDプラズマ、植物種子、滅菌、殺菌、活性酸素種

    国内共同研究

    アクリル管の内外の壁面に銅箔テープで電極を貼り付け、高周波高電圧を印加してプラズマを管内壁に沿って発生させた。の開口部は封鎖しており、管底に置いたプラズマインジケータPLAZMARKRで、十分な活性種が発生していることを確認した。次に管底部にハクサイの種子2.0gを置いてプラズマを20分間照射した。プラズマを照射していない種子と照射済みの種子から検査用試液を作成し培養した。培養終了後、赤いスポットとして現れた残菌数をカウントすると、照射前は平均27個であったのに対し、プラズマ照射後は8個に減少していた。
     また、核融合科学研究所所有のペン型大気圧プラズマジェット装置で生成されるプラズマの発光スペクトルおよび気体流れの観測を行った。シャーレに入れた水をジェット下方に置くと、水蒸気によって気流がさらに不安定になった。気流は長寿命活性種の輸送にも影響を与えるので、活性種の空間分布についての観測が必要と考えられる。

  • 大気圧誘電体バリア放電プラズマ近傍における流れの可視化実験

    研究期間:2016年

    大気圧誘電体バリア放電プラズマ、イオン流、可視化、プラズマアクチュエータ、帯電微粒子

    機関内共同研究

  • プラズマを用いた種子および医療器具等の滅菌プロセスの解明

    研究期間:2016年

    プラズマ滅菌、ラジカル、オゾン、酸化窒素

    国内共同研究

  • 触媒電極表面におけるイオンの電荷交換の高効率化

    科学研究費補助金  

    研究期間:2016年

    イオンビーム、負イオン、電荷交換、触媒電極

    国内共同研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 大気圧プラズマアクチュエータの流体制御によるメタン-水素改質の特性

    山中 彰太郎, 眞銅 雅子, 長田 昭義  ( 共著   担当範囲:流体解析と実験結果についての議論 )

    Journal of the Vacuum Society of Japan   60 ( 8 ) 334 - 337   2017年08月

    研究論文(学術雑誌)  日本語

    DOI

  • 酸化物表面の電荷交換による負イオンの生成と検出

    田代恭兵、石渡信吾、首藤健一  ( 共著 )

    Journal of the Vacuum Society of Japan   59 ( 4 ) 83  

    研究論文(学術雑誌)  日本語

著書 【 表示 / 非表示

  • Cで計算!基礎からはじめるプログラミング

    中津川博,松井和己,蔵本哲治,首藤健一  ( 共著 )

    培風館    単行本(学術書)  日本語

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 種子滅菌用大気圧放電プラズマ源の作製と滅菌特性の調査

    大学共同利用機関法人自然科学研究機構核融合科学研究所  平成29年度一般共同研究

    研究期間:2017年04月  -  2018年03月 

  • 触媒電極表面におけるイオンの電荷交換の高効率化

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:2016年04月  -  継続中 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Ionic charge conversion process on water-mediated Ag surface

    M. Shindo, K. Tashiro, S. Nakagawa, K. Shudo

    国際会議  The 8th International Symposium on Surface Science  ( つくば国際会議場 )  ポスター(一般)

    2017年10月
     
     

  • Electronic states of p-carboranethiol absorbed on Au(111) surface

    Y. Nakahama, M. Shindo, M. Uchiyama, K. Shudo

    国際会議  The 8th International Symposium on Surface Science  ( Tsukuba International Congress Center, Tsukuba Japan )  口頭(一般)

    2017年10月
     
     

  • プラズマアクチュエータを応用したモバイル水素燃料製造デバイスの開発

    山中彰太郎、眞銅雅子、長田昭義

    平成29年電気学会全国大会  ( 富山大学 五福キャンパス )  口頭(一般)

    2017年03月
     
     

    【発表要旨集】 平成29年電気学会全国大会  132  -  132  2017年03月

  • DBDプラズマを応用したモバイル水素製造装置の開発

    山中彰太郎、眞銅雅子、長田昭義

    応用物理学会関西支部 平成28年度第3回講演会  ( 大阪大学中之島センター )  ポスター(一般)

    2017年02月
     
     

    【発表要旨集】 応用物理学会関西支部 平成28年度第3回講演会  2017年02月

  • 大気圧プラズマアクチュエータの流体制御によるメタン-水素水質の特性

    山中彰太郎、眞銅雅子、長田昭義

    2016年真空・表面科学合同講演会  ( 名古屋国際会議場 )  口頭(一般)

    2016年12月
     
     

    【発表要旨集】 表面科学学術講演会要旨集  2016年11月

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 計算機プログラミング   ( 講義 )

  • 電気電子システム実験cロ組   ( 実験実習 )

  • 電気電子システム実験cイ組   ( 実験実習 )

  • 電気電子システム入門   ( 講義 )

  • 電気電子システムPBL   ( 講義 )

全件表示 >>