石道 峰典 (イシドウ ミネノリ)

ISHIDO Minenori

写真a

職名

講師

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 愛知教育大学   教育学部   総合科学課程   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 愛知教育大学  教育学研究科  保健体育  修士課程  修了  日本国

  • 大阪体育大学  スポーツ科学研究科  スポーツ科学  博士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 愛知教育大学 -  修士(学術)  スポーツ科学

  • 大阪体育大学 -  博士(スポーツ科学)  スポーツ科学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    継続中
     

    日本体力医学会  日本国

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    社団法人日本キャンプ協会  日本国

  • 2007年05月
    -
    継続中
     

    日本運動生理学会  日本国

  • 2007年08月
    -
    継続中
     

    大阪体育学会  日本国

  • 2007年08月
    -
    継続中
     

    日本体育学会  日本国

全件表示 >>

所属学会委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年09月
    -
    継続中

    日本体力医学会   評議委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 骨格筋における水分子動態の分子制御機構と生理的役割について

    研究期間:2016年04月  -  継続中

    骨格筋、水分子、分子制御

    個人研究

  • 生体の骨格筋内における筋衛星細胞のバイオイメージングに関する研究

    研究期間:2006年04月  -  2016年03月

    骨格筋,筋衛星細胞,バイオイメージング

論文 【 表示 / 非表示

  • 高温環境下での走運動による脱水が骨格筋内の水分子の特性に及ぼす影響

    石道峰典  ( 単著 )

    デサントスポーツ科学   39   224 - 233   2018年05月

    研究論文(学術雑誌)  日本語

  • 大学体育実技授業の振り返り文章数を多く記述するほどライフスキルの獲得が促進される:大学体育授業を対象とした縦断研究

    瀧本真己,木内敦詞,石道峰典,中村友浩,西脇雅人  ( 共著 )

    大学体育学   15   3 - 11   2018年03月

    研究論文(学術雑誌)  日本語

  • 長期間の除神経による筋萎縮がアクアポリン4とα1-syntrophinの発現に及ぼす影響

    吉門朋哉,石道峰典  ( 共著 )

    体力科学     2018年

    研究論文(学術雑誌)  日本語

  • Effects of overload-induced muscle hypertrophy on the characteristics of aquaporin-4 expression in the skeletal muscles

    Minenori Ishido, Tomohiro Nakamura  ( 共著 )

    Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   6 ( 6 ) 415 - 415   2017年11月

    研究論文(学術雑誌)  英語

  • Marked decrease of aquaporin-4 protein is independent of the changes in α1-syntrophin and TRPV4 levels in response to denervation-induced muscle atrophy in vivo

    Minenori Ishido, Tomohiro Nakamura  ( 共著 )

    Journal of Muscle Research and Cell Motility   38 ( 2 ) 175 - 181   2017年04月

    研究論文(学術雑誌)  英語

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 加齢性筋萎縮におけるアクアポリン4の関与の検討

    日本学術振興会  科学研究費助成事業「学術研究助成基金助成金」(基盤研究(C))

    研究期間:2017年04月  -  継続中 

  • 骨組織の力学的反応性を調節するプレコンディショニング磁場刺激の役割

    日本学術振興会  科学研究費助成事業「学術研究助成基金助成金」(基盤研究(B))

    研究期間:2017年04月  -  継続中 

  • 骨機械感受性を調節する骨細胞ネットワークとその神経性調節研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業「学術研究助成基金助成金」(基盤研究(B))

    研究期間:2017年04月  -  継続中 

  • 高温環境下での走運動による脱水が骨格筋内の水分子の特性に及ぼす影響

    公益財団法人石本記念デサントスポーツ科学振興財団  自由課題学術研究助成金

    研究期間:2017年04月  -  2018年03月 

  • 体育実技授業は社会人基礎力育成に対する教育効果があるのか?

    公益社団法人全国大学体育連合  大学体育研究助成金

    研究期間:2015年04月  -  2016年03月 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 長期間の除神経による筋萎縮がアクアポリン4とα1-syntrophinの発現に及ぼす影響

    吉門朋哉,石道峰典

    国内会議  第32回日本体力医学会近畿地方会  ( 帝塚山大学学園前キャンパス )  口頭(一般)

    2018年02月
     
     

  • 過負荷による筋肥大がアクアポリン4の発現特性に及ぼす影響について

    石道峰典,中村友浩

    国内会議  第72回日本体力医学会大会  ( 松山大学文京キャンパス )  口頭(一般)

    2017年09月
     
     

  • 大学体育実技授業が社会人基礎力向上に及ぼす影響について

    石道峰典,西脇雅人,中村友浩

    国内会議  第66回日本体育学会大会  ( 国士舘大学世田谷キャンパス )  ポスター(一般)

    2015年08月
     
     

    【発表要旨集】 日本体育学会第66回大会予稿集  150  -  150  2015年08月

  • 再生筋線維の機能特性

    春日規克,石道峰典,宇土泰希,西沢富江

    国内会議  第68回日本体力医学会大会  ( 日本教育会館,学術総合センター,共立講堂 )  口頭(一般)

    2013年09月
     
     

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 体育会バスケットボール部顧問

    2017年04月
    -
    継続中

    その他  共同

    代表者名:石道峰典 

  • OIT style大学体育ワークブックの編集

    2017年04月
    -
    2018年03月

    教科書  共同

    代表者名:中村友浩  共同者名:石道峰典、西脇雅人、木内敦詞  主たる利用者:一年生

  • 「生涯スポーツ」の授業を通じた社会人基礎力の育成

    2017年04月
    -
    2018年03月

    教科書  単独

    代表者名:石道峰典 

  • 大学における初年次体育におけるコミュニケーション能力向上に向けた取り組み

    2017年04月
    -
    2018年03月

    教科書  単独

    代表者名:石道峰典 

  • 人体生理学Iの授業で用いる教材の作成

    2017年04月
    -
    2018年03月

    教科書  単独

    代表者名:石道峰典 

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 「工作実験フェア2017」に出展

    2017年08月
     
     

    「工作・実験フェア2017」において簡易な万華鏡の作成を通じてヒトがモノを見る仕組みを学んでもらうためのプログラムを出展

  • 日本体力医学会 評議員

    2017年04月
    -
    2018年08月

    総会などへの出席を通じて、日本体力医学会の発展に貢献した。

  • 大阪工大スポーツ教室 障害者スポーツスペシャルオリンピックスに参加

    2017年04月
    -
    2018年03月

    知的障害のある人たちが行うスポーツ教室にスタッフとして参加

  • 「工作実験フェア2016」に出展

    2016年08月
     
     

    「工作・実験フェア2016」において簡易な万華鏡の作成を通じてヒトがモノを見る仕組みを学んでもらうためのプログラムを出展

  • 日本体力医学会 評議員

    2016年04月
    -
    2017年03月

    総会などへの出席を通じて、日本体力医学会の発展に貢献した。

全件表示 >>