大澤 利幸 (オオサワ トシユキ)

-

写真a

職名

教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 電気通信大学   電気通信学部   材料科学科   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  工学研究科  電子工学科  博士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 電気通信大学 -  工学士  電子・電気材料工学

  • 大阪大学 -  工学博士  電子・電気材料工学

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    高分子学会  日本国

  •  
     
     
     

    電気化学会  日本国

  •  
     
     
     

    電気学会  日本国

所属学会委員歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    電気学会   誘電・絶縁委員会調査専門委員

  •  
     
     

    高分子学会   高分子エレクトロニクス研究会委員長

研究分野 【 表示 / 非表示

  • デバイス関連化学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • イオン液体中における金属リチウムの電解析出に関する研究

    受託研究  

    研究期間:2014年

    個人研究

  • イオン液体中における電極反応に関する研究及び蓄電池応用

    研究期間:2013年

    個人研究

  • 導電性高分子電極のエネルギーデバイスへの応用

    研究期間:

    導電性高分子, 電解重合, ポリマー電池

    個人研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 陰極にポリアニリンを用いたキャパシタの充放電特性

    河原司征, 川浪慎太郎, 井戸翔也, 木戸英樹, 大澤利幸  ( 共著 )

    信学技報   117 ( 313 ) 27 - 31   2017年11月

    研究論文(学術雑誌)  日本語

  • リチウム二次電池の発展と高分子材料への期待

    大澤 利幸  ( 単著 )

    化学工業   62 ( 11 ) 6   2011年11月

    研究論文(学術雑誌)  日本語

  • 導電性高分子を使ったリチウム二次電池

    大澤 利幸  ( 単著 )

    J. Soc. Elect. Mat. Eng.   20 ( 2 ) 2   2011年02月

    研究論文(学術雑誌)  英語

  • アンスロバクターから取り出した熱安定性ヒスタミンオキシダーゼをマイクロビーズに固定したマイクロリアクターによる食物中のヒスタミンの検出

    Ito T., Hiroi T., Yamamura A., Matsumoto K. etc.

    Talanta   77 ( 3 ) 1185 - 1190  

    研究論文(学術雑誌)  英語

  • リチウム二次電池正極としてのリン酸鉄リチウムのポリアニリン機能性バインダー

    田村、 青木、 獨古

    Chemistry Letters   40 ( 8 ) 3  

    研究論文(学術雑誌)  英語

著書 【 表示 / 非表示

  • 有機イオントロにクス

    小野田光宣、金籐敬一、吉野勝美  ( 共著 )

    森北出版  2016年01月  単行本(学術書)  日本語

  • 電気工学ハンドブック(第7版)

    大澤 利幸  ( 担当範囲:5編電気・電子材料,5章各種機能材料 )

    オーム社  2013年09月  単行本(学術書)  日本語

  • 小野田光宣 監修「有機電子デバイスのための導電性高分子の物性と評価」

    大澤 利幸

    シーエムシー出版  2012年06月  単行本(学術書) 

  • リチウムイオンバッテリー

    M.KONO  ( 共著 )

    Springer  2009年04月  単行本(学術書)  英語

  • 岩本光正 監修「柔構造有機電気電子材料とエレクトロニクス」

    岩本光正  ( 共著 )

    オーム社  2007年03月  単行本(学術書)  日本語

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 有機誘電体・導電性電気電子材料研究の最前線とアジア諸国との交流

    大澤 利幸  ( 共著 )

    電気学会技術報告 ( 電気学会 ) ( 第1318号 ) pp74‐87   2014年09月

    総説・解説(学術雑誌)  日本語

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • マッチングプランナープロジェクト

    その他  JST 

    2016年08月
     
     
     

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • イオン液体の疎水化技術の開発

    研究期間:2016年06月  -  2017年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ポリアニリン陰極を用いた蓄電デバイスのメカニズムについて

    Shintaro Kawanami, K.Kawahara, S.Ido, H.Kido and T.Ohsaawa

    国内会議  第27回日本MRS年次大会  ( 横浜開港記念館 )  口頭(一般)

    2017年12月
     
     

  • 疎水性イオン液体を用いたリチウムイオン電池への水の影響

    T. Ohsawa, M.Kamino, S.Kawanami and N.Wada

    国内会議  第27回日本MRS年次大会  ( 横浜開港記念館 )  口頭(一般)

    2017年12月
     
     

  • 陰極にポリアニリンを用いたキャパシタの充放電特性

    河原 司征・川浪 慎太郎・井戸 翔也・木戸 英樹・大澤 利幸

    国内会議  電子情報通信学会有機エレクトロニクス研究会  ( 大阪大学中之島センター )  口頭(一般)

    2017年11月
     
     

  • ポリアニリン陰極の蓄電機能の測定

    木戸 英樹・井戸 翔也・木戸 英樹・河原 司征・川浪 慎太郎・大澤 利幸

    国内会議  日本材料学会半導体エレクトロニクス部門委員会第4回部門委員会第1回研究会  ( 徳島大学常三島キャンパス )  ポスター(一般)

    2017年07月
     
     

  • 両極にポリアニリンを用いた蓄電デバイスのメカニズムについて

    川浪 慎太郎・紙野 峰亮・井戸 翔也・大澤 利幸

    国内会議  第310回電気材料技術懇談会  ( (株)エネゲート本社 )  ポスター(一般)

    2017年07月
     
     

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 研究基礎演習  

  • バイオエネルギー技術特論   ( 講義 )

  • 環境工学実験Ⅰa   ( 実験実習 )

  • 実践環境工学  

  • 研究倫理特論   ( 講義 )

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 平成26年度 ものづくり中小企業・小規模事業者等連携事業創造促進事業 戦略的基盤事業高度化支援事業「リチウムイオン二次電池を超える高性能二次電池(キャパシタ電池)の開発」

    2014年04月
    -
    2015年03月

    サポイン評価委員