箱田 聖二 (ハコダ セイジ)

-

写真a

職名

教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  農学研究科  発酵化学  修士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  修士  応用微生物学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 新領域法学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 再生医療におけるビジネスモデルと知的財産マネジメント

    研究期間:2013年

    再生医療、ビジネスモデル、知的財産マネジメント、iPS細胞

    個人研究

  • 特許期間延長後の権利範囲

    その他の研究制度  

    研究期間:2017年04月  -  継続中

    特許期間延長

    個人研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 社内の知財体制構築

    箱田 聖二

    国内会議  近畿知財塾2017  ( 大阪工業大学 梅田キャンパス 2階202号室 )  口頭(一般)

    2017年10月
     
     

  • 数値限定発明とは?知財戦略上の活用の仕方

    箱田 聖二

    国内会議  平成29年度 第4回JBA知的財産委員会  ( 大阪工業大学梅田キャンパスOIT梅田タワー )  口頭(招待・特別)

    2017年09月
     
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 研究基礎   ( 演習 )

  • 現代化学概論   ( 講義 )

  • 医薬特許特論   ( 講義 )

  • ブランド知的財産探求   ( 演習 )

  • 特別研究   ( 演習 )

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 新審査基準「第IX部 特許権の存続期間の延長」

    2016年04月
    -
    2016年07月

    教科書  単独

    代表者名:箱田 聖二 

  • 「特許庁長官 v. ジェネンテック」最高裁判決 平成26年(行ヒ)356

    2016年04月
    -
    2016年07月

    教科書  単独

  • 補助教材の作成と活用

    2016年04月
    -
    2016年07月

    教科書  単独

  • 「ジェネンテック事件」知財高裁(大合議)判決 平成25年(行ケ)10195, 10196, 10197, 10198

    2015年07月
     
     

    教科書  単独

  • 「Myriad事件」に関する米最高裁判決

    2013年06月
     
     

    その他  単独

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 近畿知財塾

    2016年08月
    -
    2017年02月

    ・近畿知財塾活動における本学側の取り纏めを行った。
    ・2016年11月22日開催の合同会合のテーマである「海外展開と知財戦略」に沿って、「知財による製品の多面的保護」及び「出願戦略」について講演した。
    ・上記合同会合のグループディスカッションにファシリテーターとして参画し、議論を導いた。

  • 近畿知財塾

    2015年08月
    -
    2016年02月

    講演〔演題:(1) 医薬分野における明細書の記載実務、(2) 企業と特許戦略〕、コーディネーターとして議事進行

  • 平成26年度 特許出願技術動向調査「製品の競争優位性を確立する際に知的財産等が果たす役割について」

    2014年12月
    -
    2015年03月

    「製品の競争優位性を確立する際に知的財産等が果たす役割について」に係る平成26年度 特許出願技術動向調査において、委員として主に製薬関連で発言・提案を行った。成果物は平成27年3月に調査報告書として刊行された。

  • 近畿知財塾

    2014年08月
    -
    2015年02月

    講演(演題:(1)知財の使い方~事例から、(2)製造物責任法(PL法)と特許)、コーディネーターとして議事進行

  • 近畿知財塾

    2013年08月
    -
    2014年02月

    近畿知財塾でのコーディネータ。
    話題提供で2回講演(①安全保障貿易管理について、②知財権ミックス)

全件表示 >>