大森 勇門 (オオモリ タケト)

-

写真a

職名

助教授・准教授

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 食品中のD-アミノ酸分析とその合成に関与する微生物のD-アミノ酸代謝関連酵素の機能解析

    研究期間:

    D-アミノ酸、食品、発酵食品、微生物、D-アミノ酸代謝関連酵素

  • 食品中のD-アミノ酸分析とその合成に関与する微生物のD-アミノ酸代謝関連酵素の機能解析

    研究期間:

    D-アミノ酸、食品、発酵食品、微生物、D-アミノ酸代謝関連酵素

  • 発酵食品中のアミノ酸の分析とその機能解析

    研究期間:

    D-アミノ酸、食品、発酵食品、微生物、D-アミノ酸代謝関連酵素

論文 【 表示 / 非表示

  • TLR4/MD-2 is a receptor for extracellular nucleophosmin 1

    Kota Nakatomi, Hikari Ueno, Yuto Ishikawa, Ronny Christiadi Salim, Yuki Mori, Issey Kanemoto, Salunya Tancharoen, Kiyoshi Kikuchi, Naoki Miura, Taketo Omori, Emiko Okuda-Ashitaka, Kiyoshi Matsumura, Hitoshi Imaizumi, Yoshihiro Motomiya, Ikuro Maruyama, Ko-Ichi Kawahara  ( 共著 )

    Biomed. Rep.   14 ( 21 ) 1 - 6   2020年12月

    研究論文(学術雑誌)  英語

  • Characterization of a novel class of glyoxylate reductase belonging to the β-hydroxyacid dehydrogenase family in Acetobacter aceti

    Jakkaphan Kumsab, Ryuta Tobe, Tatsuo Kurihara, Yuu Hirose, Taketo Omori, Hisaaki Mihara  ( 共著 )

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   84 ( 11 ) 2303 - 2310   2020年07月

    研究論文(学術雑誌)  英語

  • 知ってる?D-アミノ酸

    大森 勇門  ( 単著 )

    生物工学会誌   97 ( 5 ) 273 - 277   2019年

    研究論文(学術雑誌)  日本語

  • A novel bifunctional aspartate kinase-homoserine dehydrogenase from the hyperthermophilic bacterium, Thermotoga maritima.

    Ohshida T, Koba K, Hayashi J, Yoneda K, Ohmori T, Ohshima T, Sakuraba H.  ( 共著 )

    Biosci Biotechnol Biochem.   82 ( 12 ) 2084 - 2093   2018年09月

    研究論文(学術雑誌)  英語

  • Mechanism of gmma-aminobutyric acid (GABA) production by a lactic acid bacterium in yogurt-sake

    Taketo Ohmori, Manaka Tahara, Toshihisa Ohshima  ( 共著 )

    Process Biochemistry   74   21 - 27   2018年08月

    研究論文(学術雑誌)  英語

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ひらく、ひらく「バイオの世界」

    大森 勇門

    化学同人  2012年10月  単行本(学術書) 

    【原書情報】  日本生物工学会編 執筆者75名の一人

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 合成ペプチドを用いた結合態D-アミノ酸の生成機構の解析

    大森 勇門  ( 単著 )

    京都大学化学研究所 共同利用・共同研究拠点 平成30年度成果報告書     2019年04月

    その他記事  日本語

  • 食品タンパク質中の結合態D-アミノ酸の機能と生成機構の解析

    大森勇門  ( 単著 )

    京都大学化学研究所 共同利用・共同研究拠点 平成29年度成果報告書     65 - 65   2017年04月

    その他記事  日本語

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 好熱菌Geobacillus kaustophilusがもつ2つのNAD依存性アラニン脱水素酵素の機能解析とその生理的意義

    大森勇門,亀井咲也香,前野美久、安達泰志,大島敏久

    国内会議  日本ビタミン学会第72回大会  ( Web開催 )  口頭(招待・特別)

    2020年09月
     
     

  • 好熱菌Geobacillus kaustophilusの芽胞内で発現しているアラニン脱水素酵素の同定

    大森勇門,亀井咲也香,安達泰志,大島敏久

    国内会議  日本農芸化学会2020年度大会  口頭(一般)

    2020年03月
     
     

  • Pseudomonas veronii由来新規 NAD(P)依存性 L-アルギニン脱水素酵素の機能解析

    田中真輝,大森勇門,大島敏久

    国内会議  日本農芸化学会関西・中部支部2019年度合同神戸大会  ( 神戸大学 )  口頭(一般)

    2019年09月
     
     

  • 好熱菌Geobacillus kaustophilusが栄養増殖中に生産するアラニン脱水素酵素の同定

    大森勇門,亀井咲也香,安達泰志,大島敏久

    国内会議  第66回日本生化学会近畿支部例会  ( 京都大学 化学研究所 )  口頭(一般)

    2019年05月
     
     

    【発表要旨集】 好熱菌Geobacillus kaustophilusが栄養増殖中に生産するアラニン脱水素酵素の同定  42  -  42  2019年05月

  • 食品ペプチド中の結合態D-アミノ酸の分析

    梶山敬至、大森勇門、大島敏久

    国内会議  日本農芸化学会2019年度大会  ( 東京農業大学 )  口頭(一般)

    2019年03月
     
     

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 発酵食品に含まれるアミノ酸の研究

    2013年11月
     
     

  • 酵素のチカラ

    2013年07月
     
     

  • 食品機能成分としてのD-アミノ酸の可能性

    2012年09月