岸本 健吾 (キシモト ケンゴ)

KISHIMOTO Kengo

写真a

職名

助教授・准教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 高知大学   理学部   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学  理学研究科  数物系専攻  博士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  博士(理学)  幾何学

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本数学会  日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 幾何学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • simple ribbon fusionとAlexander多項式

    研究期間:2015年04月  -  2016年03月

    simple ribbon fusion, Alexander多項式

    機関内共同研究

  • simple ribbon fusionとsimple ribbon knot

    研究期間:2014年

    結び目, simple ribbon fusion,

    国内共同研究

  • simple ribbon fusionにおける結び目の素性について

    研究期間:2013年

    結び目 simple ribbon fusion,

    国内共同研究

  • Simple-ribbon fusion と simple-ribbon knot

    研究期間:

    simple-ribbon fusion, Alexander多項式, simple-ribbon knot

  • ハンドル体結び目外部空間の本質的曲面

    研究期間:

    ハンドル体結び目、本質的曲面

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Sliceness of alternating pretzel knots and links

    Kengo Kishimoto, Tetsuo Shibuya, Tatsuya Tsukamoto  ( 共著 )

    Topology and its Applications     2020年

    研究論文(学術雑誌)  英語

  • Simple-ribbon fusions and primeness of knots.

    Kengo Kishimoto, Tetsuo Shibuya, Tatsuya Tsukamoto,  ( 共著 )

    Journal of Knot Theory and its Ramifications     2018年

    研究論文(学術雑誌)  英語

  • Self delta-equivalence of links obtained by a simple ribbon fusion

    K.Kishimoto, T.Shibuya

    Memoirs of the Osaka Institute of Technology     2012年

  • The quandle coloring invariant of a reducible handlebody-knot

    Atsushi Ishii, Kengo Kishimoto

    Tsukuba Journal of Mathematics     2011年

  • The IH-complex of spatial trivalent graphs

    Atsushi Ishii, Kengo Kishimoto

    Tokyo Journal of Mathematics     2010年

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 結び目理論とゲーム―領域選択ゲームでみる数学の世界―

    河内明夫 清水理佳  ( 共著 )

    朝倉書店  2013年06月  単行本(学術書)  日本語

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Simple ribbon fusions and simple ribbon knots

    岸本 健吾

    N-KOOKセミナー  口頭(一般)

    2015年04月
     
     

  • A table of genus two handlebody-knots up to seven crossings

    岸本健吾

    国際会議  International Workshop on Spatial Graphs 2013  ( 東京女子大学 )  口頭(一般)

    2013年08月
     
     

  • Simple ribbon fusions and genera of links

    K.Kishimoto, T.Shibuya, T.Tsukamoto

      口頭(一般)

    2012年12月
     
     

  • Simple ribbon fusions for links II

    K.Kishimoto, T.Shibuya, T.Tsukamoto

      口頭(一般)

    2012年09月
     
     

  • 絡み目の単純リボン融合

    岸本 健吾

    2016年度数学研究会特別賞受賞式・受賞講演  ( 大阪市立大学数学研究所 )  口頭(一般)

     
     
     

 

ティーチング・ポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    教育の理念:

    学生への教育としては、何よりも精神的な圧力がかからないことを重視する。また、経過より結果を求めるがバランスよく評価を行うように努める。学生からの意見、要望については、対応しなければ徒労感を与えてしまうので全て対応する。

    教育の理念の具現化・成果等:

    1年次、特に前期の間は例えば「質問をすることで不機嫌になる先生などいない」ことなどを繰り返し伝えている。また提出課題を忘れた場合は1,2回ならば成績に反映させないが、2年次以降は厳しく評価することで自立を促している。成績に関しては期末試験が最も評価に影響するが、同時に授業態度が甚だ悪いのであればシラバスにも記載の通り不可としている。学生アンケートや学生からのメールには必ず返信している。

    今後の目標・改善点等:

    カリキュラム上仕方がないことであるが、高学力層に対して十分な教育を行えていないように感じるので別の課題を与えるなど何らかの方法で勉学への向上心を持続させたい。授業内外での学生からの積極的な発言を求めているが、まだ十分に引き出せていないのでより良い仕組みを検討する。

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 解析学Ⅰ(サイエンス系)ロ組<V・U科>   ( 講義 )

  • 解析学Ⅱイ組<R科>【梅田】   ( 講義 )

  • 解析学Ⅱイ組<W科>   ( 講義 )

  • 線形代数学Ⅲ   ( 講義 )

  • 線形代数学Ⅱロ組<E科>   ( 講義 )

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • MRの活用方法の改善

    2017年04月
    -
    2018年03月

    教科書  共同

  • 数学科目全般における授業改善

    2016年04月
     
     

    教科書  共同

  • 解析学Iに関する授業改善

    2015年04月
     
     

    その他  単独

  • 解析学・線形代数学の授業改善

    2014年04月
     
     

  • 応用数学特論の授業改善

     
     
     

    その他  単独

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 結び目理論を応用したゲーム

    2013年03月
     
     

  • Simple ribbon fusions and primeness of knots

    2013年02月
     
     

  • The quandle coloring invariant of a reducible handlebody-knot

    2011年03月
     
     

  • On the irreducibility of a handlebody-knot

    2010年12月
     
     

  • A relation between shrap move and Delta move

    2010年10月
     
     

全件表示 >>