河村 耕史 (カワムラ コウジ)

Koji Kawamura

写真a

職名

助教授・准教授

ホームページ

http://www.oit.ac.jp/env/lab.php?id=8

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   農学部   生産環境科学科   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  農学研究科  地域環境科学専攻  博士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  農学  森林科学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中
     

    日本園芸学会  日本国

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    日本藻類学会  日本国

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    日本微生物生態学会  その他

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    日本微生物生態学会  日本国

  • 2015年04月
    -
    継続中
     

    環境バイオテクノロジー学会  日本国

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物資源保全学

  • 水圏生命科学

  • 園芸科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 財団法人 日本生態系協会 2級ビオトープ施工管理士

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • バラの自家不和合性遺伝子についての研究

    科学研究費補助金  

    研究期間:2017年04月  -  継続中

    国際共同研究

  • 石油を作る微細藻類Botryococcus brauniiのイオンビーム照射による変異株ライブラリーの作出

    その他の研究制度  

    研究期間:2016年07月  -  継続中

    バイオ燃料、微細藻類、炭化水素、イオンビーム、突然変異

    国内共同研究

  • オイル産生藻類の交配育種に向けた有性生殖機構の解明

    科学研究費補助金  

    研究期間:2014年04月  -  継続中

    国際共同研究

  • 栽培バラの遺伝的多様性評価

    科学研究費補助金  

    研究期間:2012年04月  -  継続中

    四季咲き性、自家不和合性、レトロトランスポゾン、生物資源

    国際共同研究

  • バラの四季咲き性やトゲの原因遺伝子に関する分子遺伝学的研究

    科学研究費補助金  

    研究期間:2009年09月  -  継続中

    四季咲き性、TFL1、レトロトランスポゾン、生物資源

    国際共同研究

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 大阪湾における溶存有機物の起源推定および栄養塩の形態変化

    小林 志保,松村 圭高,河村 耕史,中嶋 昌紀,山本 圭吾,秋山 諭,上田 幸男  ( 共著 )

    日本水環境学会誌   40 ( 2 ) 97 - 105   2017年02月

    研究論文(学術雑誌)  日本語

  • Genetic analysis of the flowering date and number of petals in rose

    ROMAN H, RAPICAULT M, MICLOT AS, LARENAUDIE M, KAWAMURA K, THOUROUDE T, CHASTELLIER A, LEMARQUAND A, DUPUIS F, FOUCHER F, LOUSTAU S, HIBRAND-SAINT OYANT L  ( 共著 )

    Tree Genetics and Genomes   11   85   2015年08月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • Genotype of FLOWERING LOCUS T homologue contribute to flowering time differences in wild and cultivated roses

    Shugo OTAGAKI, Yukako OGAWA, Laurence HIBRAND-SAINT OYANT, Fabrice FOUCHER, Koji KAWAMURA, Takanori HORIBE, Shogo MATSUMOTO  ( 共著 )

    Plant Biology   17 ( 4 ) 808 - 815   2015年07月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • Inheritance of garden rose architecture and its association with flowering behaviour

    Koji KAWAMURA, Laurence HIBRAND-SAINT OYANT, Tatiana THOUROUDE, Julien JEAUFFRE, Fabrice FOUCHER  ( 共著 )

    Tree Genetics and Genomes   11   22   2015年04月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • Molecular Genetic Studies on the Continuous-flowering Roses that are not originated from Rosa Chinensis

    Takanori HORIBE, Kunio YAMADA, Shungo OTAGAKI, Shogo MATSUMOTO, Koji KAWAMURA  ( 共著 )

    Acta Horticulturae   1064   185 - 192   2015年01月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • A conceptual framework for the study of modular responses to local environmental heterogeneity within the plant crown and a review of related concepts

    Koji Kawamura  ( 単著 )

    Ecological Research     2010年07月

    総説・解説(学術雑誌)  英語

  • 「龍谷の森」におけるツツジ類の保全を目的とした森林管理の指針作り

    河村耕史

    ( 龍谷大学 里山学・地域共生学 オープン・リサーチ・センター 「里山から見える世界 2006年度報告書」316-318貢 )   2007年03月

  • 木のかたち作りの法則を知る:小さな木ウスノキを例に

    河村耕史  ( 単著 )

    研究情報 ( 独立行政法人森林総合研究所関西支所 ) 82 ( 3 )   2006年11月

    総説・解説(大学・研究所紀要)  日本語

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 栽培バラの四季咲き性の野生起源解明と有用遺伝資源の大規模スクリーニング

    日本学術振興会 

    研究期間:2017年04月  -  2020年03月 

  • 石油を作る微細藻類Botryococcus brauniiの重イオンビーム照射による変異株ライブラリーの作出

    若狭湾エネルギー研究センター 

    研究期間:2016年04月  -  2017年03月 

  • オイル産生藻類の交配育種に向けた有性生殖機構の解明

    日本学術振興会 

    研究期間:2014年04月  -  2017年03月 

  • 四季咲き性の原因遺伝子からみた栽培バラの遺伝的多様性

    日本学術振興会 

    研究期間:2012年04月  -  2014年03月 

  • バラ棘形成に関わる遺伝子群の構造・機能解析と新奇バラ創製

    日本学術振興会 

    研究期間:2011年04月  -  2015年03月 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 炭化水素産生藻Botryococcus braunii のB 品種特異的なリアルタイムPCR 法の開発

    平野昂太郎, 原拓也, Ardianor A, Sulmin G, 岡田茂, 河村耕史

    国内会議  第52回日本水環境学会  ( 北海道大学 )  口頭(一般)

    2018年03月
     
     

    【発表要旨集】 2-J-09-3  2018年03月

  • 炭化水素産生藻ボトリオコッカスの転写活性を有するトランスポゾンのゲノムデータ解析

    小松原直也, 岡田茂, 河村耕史

    国内会議  第52回日本水環境学会  ( 北海道大学 )  口頭(一般)

    2018年03月
     
     

    【発表要旨集】 1-G-15-2

  • バラゲノムにおけるTy1/copia 群レトロトランスポゾンRoRE1 のシークエンス解析およびコピー数測定

    加藤大地・河村耕史・中尾壮志・松本省吾・白武勝裕・太田垣駿吾

    国内会議  日本園芸学会 平成29年度秋季大会  ( 酪農学園大学 )  口頭(一般)

    2017年09月
     
     

    【発表要旨集】 花014

  • Sequence and copy number variation of Ty1/copia retrotransposon RoRE1 in the rose genome

    Shungo Otagaki, Takeshi Nakao, Hibrand-Saint Oyant, Fabrice Foucher, Shogo Matsumoto, Koji Kawamura

    国際会議  VII International Symposium on Rose Research and Cultivation  ( Agrocampus Ouest, Angers, France )  ポスター(一般)

    2017年07月
     
     

  • Control and selection of blooming seasonality in rose

    Vanessa Soufflet-Freslon, Marie Randoux, Jérémy Clotault, Emilie Araoux, Alix Pernet,Tatiana Thouroude, Gilles Michel, Julien Jeauffre, Sandrine Pierre, Hikaru Iwata, Koji Kawamura, Jean Michel Davière, Cristiana Oghina-Pavie, Laurence Hibrand-Saint Oyant, Fabrice Foucher

    国際会議  VII International Symposium on Rose Research and Cultivation  ( Agrocampus Ouest, Angers, France )  口頭(基調)

    2017年07月
     
     

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 環境工学演習IIb   ( 実験実習 )

  • サイエンス探求演習  

  • 環境バイオテクノロジー   ( 講義 )

  • 自然生態系修復   ( 講義 )

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 国際PBLの実施

    2016年02月
    -
    2017年08月

    その他  共同

    代表者名:駒井幸雄  共同者名:河村耕史、高山成 

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 未来のバイオ燃料:微細藻類が作る緑の原油

    2014年12月
     
     

    藤井寺工科高校の生徒を対象に講演60分と演習120分を行った。

  • 大阪工業大学におけるLED植物工場の取り組み

    2012年11月