藤里 俊哉 (フジサト トシヤ)

FUJISATO Toshiya

写真a

職名

教授

特記事項

FUJISATO Toshia(ペンネーム)

プロフィール

1981年 大阪府立三国丘高校卒業
1986年 京都大学工学部 高分子化学科卒業
1988年 京都大学大学院工学研究科 高分子化学専攻博士前期課程修了
1991年 京都大学大学院工学研究科 高分子化学専攻博士後期課程単位取得認定退学
1991年 京都大学生体医療工学研究センター研修員
1994年 国立循環器病センター実験治療開発部研究員
1998年 カナダ・マギル大学付属モントリオール総合病院研究所研究員
2000年 国立循環器病センター実験治療開発部研究員
2003年 国立循環器病センター再生医療部研究室長
2007年 大阪工業大学工学部 生体医工学科教授
2010年 大阪工業大学工学部 生命工学科教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   工学部   高分子化学   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  工学研究科  高分子化学専攻  修士課程  修了  日本国

  • 京都大学  工学研究科  高分子化学専攻  博士課程  単位取得満期退学  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  京都大学博士(工学)  高分子化学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1986年04月
    -
    継続中
     

    高分子学会  日本国

  • 1987年04月
    -
    継続中
     

    日本バイオマテリアル学会  日本国

  • 1994年07月
    -
    継続中
     

    日本生体医工学会  日本国

  • 1996年04月
    -
    継続中
     

    ライフサポート学会  日本国

  • 1998年04月
    -
    継続中
     

    日本人工臓器学会  日本国

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生体医工学・生体材料学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 電気工事士(第2種)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • マイオカイン探索研究のための体外可動型培養骨格筋の開発

    科学研究費補助金  

    研究期間:2020年04月  -  2023年03月

    機関内共同研究

  • 組織工学技術による培養骨格筋の開発とアクチュエータ応用

    研究期間:2019年04月  -  2020年03月

    組織工学、骨格筋、遺伝子発現、電気刺激

  • 組織工学技術による培養骨格筋の開発とアクチュエータ応用

    研究期間:2018年04月  -  2019年03月

    組織工学、骨格筋、遺伝子発現、電気刺激

  • 組織工学技術による培養骨格筋の開発とアクチュエータ応用

    研究期間:2017年04月  -  2018年03月

    組織工学、骨格筋、遺伝子発現、電気刺激

  • 組織工学技術による培養骨格筋の開発とアクチュエータ応用

    研究期間:2016年04月  -  2017年03月

    組織工学、骨格筋、遺伝子発現、電気刺激

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Hypoxia transactivates cholecystokinin gene expression in 3D-engineered muscle

    Nakamura T, Takagi S, Okuzaki D, Matsui S, Fujisato T  ( 共著 )

    J Biosci Bioeng     2021年03月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • Extracorporeal high-pressure therapy (EHPT) for malignant melanoma consisting of simultaneous tumor eradication and autologous dermal substitute preparation

    Jinno C, Morimoto N, Mahara A, Sakamoto M, Ogino S, Fujisato T, Suzuki S, Yamaoka T  ( 共著 )

    Regenerative Therapy     2020年12月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • In vitro evaluation of surface biological properties of decellularized aorta for cardiovascular use

    Kobayashi M, Ohara M, Hashimoto Y, Nakamura N, Fujisato T, Kimura T, Kishida A  ( 共著 )

    J Mat Chem B     2020年12月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • Elastic modulus of ecm hydrogels derived from decellularized tissue affects capillary network formation in endothelial cells

    Kobayashi M, Kadota J, Hashimoto Y, Fujisato T, Nakamura N, Kimura T, Kishida A  ( 共著 )

    Int J Mol Sci     2020年09月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • Surface Topography of PDMS Replica Transferred from Various Decellularized Aortic Lumens Affects Cellular Orientation.

    Kimura T, Kondo M, Hashimoto Y, Fujisato T, Nakamura N, Kishida A  ( 共著 )

    ACS Biomaterials Science & Engineering   5 ( 11 ) 5721 - 5726   2019年04月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Soft Actuators -Materials, Modeling, Applications, and Future Perspectives-

    Fujisato T, Takagi S, Nakamura T, Tsutsui H  ( 分担執筆   担当範囲:Tissue-Engineering Approach to Making Soft Actuators. )

    Springer  2019年  単行本(学術書)  英語

  • 次世代医療のための高分子材料工学 バイオ材料としての脱細胞化生体組織

    藤里 俊哉

    シーエムシー出版、東京  2008年  単行本(学術書) 

    【原書情報】  岸田晶夫、藤里俊哉

  • 再生医療工学の技術 心臓弁

    藤里 俊哉

    シーエムシー出版  2007年  単行本(学術書) 

    【原書情報】  藤里俊哉、北村惣一郎

  • Jasco Report 超臨界特集9 超臨界流体抽出を応用したバイオスキャフォールド調製

    藤里 俊哉

    ジャスコレポート社、東京  2007年  単行本(学術書) 

    【原書情報】  澤田和也、寺田堂彦、藤里俊哉

  • Soft Actuators -Materials, Modeling, applications, and Future Perspectives-

    Fujisato T, Takagi S, Nakamura T, Tsutsui H  ( 共著 )

    Springer    単行本(学術書)  英語

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 動物繊維由来タンパク質の新たな応用展開

    澤田和也, 藤里俊哉  ( 共著 )

    Journal of Textile Engineering     2017年12月

    総説・解説(学術雑誌)  日本語

  • Endometrium Tissue Culture for In Vitro Embryo Implantation

    Matsushita N, Fujisato T  ( 共著 )

    Tissue Eng Part A   21 ( S1 ) S-131  

    総説・解説(学術雑誌)  英語

  • Artificial Microenvironment of Decellularized Bone Marrow Induced Hematopoiesis

    Nakamura N, Kimura T, Nam K, Fujisato T, Tsuji T, Iwata H, Kishida A  ( 共著 )

    Tissue Eng Part A   21 ( S1 ) S-171  

    総説・解説(学術雑誌)  英語

  • A Small-diameter Decellularized Vascular Graft Covered with Electrospun Fibers

    Kimura T, Morita H, Wu P, Nakamura N, Nam K, Fujisato T, Kishida A  ( 共著 )

    Tissue Eng Part A   21 ( S1 ) S-239  

    総説・解説(学術雑誌)  英語

  • Keratin Nanofiber Scaffold for Vascular Graft

    Aoyama T, Sawada K, Fujisato T  ( 共著 )

    Tissue Eng Part A   21 ( S1 ) S-244  

    総説・解説(学術雑誌)  英語

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 生物由来スキャフォールドの作製方法

    特許:特許登録7745105

    藤里俊哉、寺田堂彦、澤田和也、中谷武嗣

    出願国:日本国  出願日:2010年06月29日  出願人名称:ヒューマンサイエンス振興財団

    登録日(発行日):2010年06月29日

  • マイクロ波照射による生体組織の処理方法.

    藤里俊哉、岸田晶夫、舩本誠一、中谷武嗣、北村惣一郎.

    出願国:日本国  出願日:2009年11月11日 

  • 生体組織への細胞注入方法および装置.

    藤里俊哉、岸田晶夫、北村惣一郎.

    出願国:日本国  出願日:2009年07月08日 

  • 超高静水圧印加による移植用生体組織の処理方法.

    藤里俊哉、岸田晶夫、舩本誠一、中谷武嗣、北村惣一郎.

    出願国:日本国  出願日:2009年01月08日 

  • 機能性DNAの製造方法、形質転換体及び疾患治療剤

    岸田晶夫、木村 剛、南 広祐、藤里俊哉

    出願国:日本国  出願日:2007年10月09日  出願人名称:東京医科歯科大学、大阪工大摂南大学

    本発明は、機能性DNAの製造方法、この機能性DNAが導入された形質転換体、及び機能性DNAを含有する疾患治療剤に関し、より詳しくは細胞に導入される導入用DNAの製造方法に関する。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 脱細胞化血管の内腔表面が及ぼす血栓形成と内皮化への影響

    小林真子,小原雅子,橋本良秀,中村奈緒子,藤里俊哉,木村 剛,岸田晶夫

    国内会議  第20回日本再生医療学会総会  口頭(一般)

    2021年03月
     
     

  • マウス生殖細胞の体外培養環境に関する研究

    堀井菜緒,藤里俊哉

    国内会議  第30回ライフサポート学会フロンティア講演会  口頭(一般)

    2021年03月
     
     

  • 培養骨格筋の機能向上を目指した培養方法に関する研究

    白井佑布子,藤里俊哉

    国際会議  第30回ライフサポート学会フロンティア講演会  口頭(一般)

    2021年03月
     
     

  • 脱細胞化生体組織を応用した循環器系デバイスの開発

    小林真子,小原雅子,橋本良秀,中村奈緒子,藤里俊哉,木村 剛,岸田晶夫

    国内会議  第30回ライフサポート学会フロンティア講演会  口頭(一般)

    2021年03月
     
     

  • 脱細胞化血管上での内皮細胞・平滑筋細胞の挙動

    小林真子,小原雅子,橋本良秀,中村奈緒子,藤里俊哉,木村 剛,岸田晶夫

    国内会議  令和2年度生体医歯工学共同研究拠点 成果報告会  口頭(一般)

    2021年03月
     
     

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • クラウン系ミニブタを用いた血管・心臓弁再生の試み

    2010年02月
     
     

  • Regenerative vascular graft for aortic root reconstruction in porcine model

    2007年08月
     
     

  • Acellular Scaffold for Tissue Regeneration

    2007年06月
     
     

  • Tissue-Engineered Skeletal Muscle