真貝 寿明 (シンカイ ヒサアキ)

Hisaaki Shinkai

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

理論物理学,天文学,一般相対性理論,重力波,ブラックホール

ホームページ

http://www.oit.ac.jp/is/%7Eshinkai/

プロフィール

主な研究分野は,一般相対性理論・宇宙論とその周辺.現在,日本の重力波干渉計KAGRA(かぐら)プロジェクトの科学部門委員長を務める.一般向けには,物理や天文関係の講演などのほか,NPO設立準備団体『てんもんぶ』の組織員として天体観望会やプラネタリウム解説など,ときどきあちこちに出没.

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   理工学部   物理学科   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学  理工学研究科  物理学及応用物理学専攻  博士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学 -  博士(理学)  素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1992年01月
    -
    継続中
     

    日本物理学会  日本国

  • 1992年01月
    -
    継続中
     

    日本天文学会  日本国

  • 1998年04月
    -
    継続中
     

    英国物理学会 (Institute of Physics)  グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

  • 2018年01月
    -
    継続中
     

    米国物理学会 (American Physical Society)  アメリカ合衆国

  •  
     
     
     

    American Association of Physics Teachers (USA)  その他

全件表示 >>

所属学会委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年08月
    -
    継続中

    The board of KAGRA Scientific Congress   Chair of the board

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 一般相対性理論

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 重力波データの新しい抽出・解析方法の開発と重力理論の検証

    科学研究費補助金  

    研究期間:2017年04月  -  継続中

    個人研究

  • 中間質量ブラックホールの合体による重力波放出

    研究期間:2012年04月  -  継続中

    一般相対性理論 ブラックホール 重力波

  • ガウスボンネ重力理論における数値シミュレーションのための定式化

    研究期間:2009年04月  -  継続中

    一般相対性理論 数値シミュレーション 偏微分方程式 拘束系の力学

    国内共同研究

  • 高次元時空におけるブラックホール形成条件の研究

    研究期間:2008年04月  -  継続中

    一般相対性理論 数値シミュレーション ブラックホール 偏微分方程式 拘束系の力学

    国内共同研究

  • 古代アジアの天文図

    研究期間:2007年04月  -  2008年03月

    天文学 歴史学 

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • INO: Interplanetary network of optical lattice clocks

    Toshikazu Ebisuzaki, Hidetoshi Katori, Jun’ichiro Makino, Atsushi Noda, Hisaaki Shinkai and Toru Tamagawa  ( 共著 )

    International Journal of Modern Physics D     2019年02月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI arXiv

  • KAGRA: 2.5 generation interferometric gravitational wave detector, KAGRA collaboration

    KAGRA collaboration  ( 共著   担当範囲:全体 )

    Nature Astronomy   3   35 - 40   2019年01月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI arXiv

  • Construction of KAGRA: an Underground Gravitational Wave Observatory

    T. Akutsu et al (KAGRA collaboration)  ( 共著 )

    Progress of Theoretical and Experimental Physics   2018 ( 1 ) 013F01   2018年01月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • Event Rates of Gravitational Waves from merging Intermediate mass Black Holes: based on a Runaway Path to a SMBH

    Hisaaki Shinkai  ( 単著 )

    EPJ Web of Conferences   168   05002   2018年01月

    研究論文(国際会議プロシーディングス)  英語

    DOI

  • Colliding scalar pulses in the Einstein-Gauss-Bonnet gravity

    Hisaaki Shinkai, Takashi Torii  ( 共著 )

    EPJ Web of Conferences   168   04014   2018年01月

    研究論文(国際会議プロシーディングス)  英語

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ブラックホールと重力波

    真貝寿明  ( 単著 )

    数理科学 2018年12月号 ( サイエンス社 )   2018年12月

    総説・解説(商業誌)  日本語

  • 重力波の直接検出とデータ解析

    真貝 寿明  ( 単著 )

    システム制御情報学会誌   62 ( 9 ) 370 - 375   2018年09月

    総説・解説(学術雑誌)  日本語

  • 光格子時計による重力波検出

    玉川徹,真貝寿明,野田篤司,香取秀俊,牧野淳一郎,戎崎俊一  ( 共著 )

    科学 ( 岩波書店 ) ( 12 )   2017年12月

    総説・解説(商業誌)  日本語

  • 重力波 直接観測の意義と展望

    真貝寿明  ( 単著 )

    第31回天文教育研究会(2017年年会)集録 ( 日本天文教育普及研究会 )   2017年10月

    総説・解説(学術雑誌)  日本語

  • 「Newton」7月号 相対性理論再入門「双子のパラドックス」解説

    (編集協力)  ( 共著 )

    「Newton」2017年7月号 ( ニュートンプレス )   2017年07月

    総説・解説(商業誌)  日本語

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 『相対論と宇宙の事典(仮)』(朝倉書店) 編集担当

    その他 

    2016年03月
    -
    継続中
     

受賞 【 表示 / 非表示

  • Top Reviewers for Physics - September 2018

    Web of Science   その他の賞 

    受賞国:日本国

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 重力波データ抽出方法の開発:新たな解析手法および分散型コンピューティングの導入

    科学研究費補助金 基盤研究(B)

    研究期間:2019年04月  -  2024年03月 

  • 修正重力理論における非線形ダイナミクスと超弦理論の検証

    研究期間:2018年04月  -  2023年03月 

  • 重力波解析による重力理論の検証

    科学研究費助成事業

    研究期間:2017年07月  -  2022年03月 

  • 拡張重力理論における非線形ダイナミクス

    科学研究費補助金

    研究期間:2013年04月  -  2018年03月 

  • 高次元時空における時空特異点形成条件の解明

    科学研究費補助金

    研究期間:2010年04月  -  2014年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Status of KAGRA

    H. Shinkai, KAGRA collaboration

    国際会議  LIGO-Virgo collaboration meeting   ( Lake Geneve, Milwaukee, USA )  口頭(招待・特別)

    2019年03月
     
     

  • Autoregressive Approach to Extract Ring-down Gravitational Wave of Black-hole Merger

    H.Shinkai

    国際会議  The second annual symposium of the innovative area "Gravitational wave physics and astronomy: Genesis  ( Yukawa Institute for Theoretical Physics )  ポスター(一般)

    2018年11月
     
     

  • Comparison of various methods to extract ringdown frequency from gravitational wave data

    Hisaaki Shinkai, Takahiro Tanaka, Hiroyuki Nakano, Hirotaka Takahashi, et al.

    国際会議  The second annual symposium of the innovative area "Gravitational wave physics and astronomy: Genesis  口頭(招待・特別)

    2018年11月
     
     

  • INO: Interplanetary Network of Optical Lattice Clocks

    H. Shinkai, T. Ebisuzaki, H. Katori, J. Makino, A. Noda, and T. Tamagawa

    国際会議  The 28th Workshop on General Relativity and Gravitation in Japan - JGRG28  ( 立教大学 )  ポスター(一般)

    2018年11月
     
     

  • 自己回帰モデルを用いた重力波データ解析:ブラックホール合体のリングダウン波形の抽出

    真貝 寿明,山本 峻

    国内会議  日本物理学会  ( 信州大学 )  口頭(一般)

    2018年09月
     
     

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 確率統計   ( 講義 )

  • 微分方程式   ( 講義 )

  • 情報ゼミナール   ( 講義 )

  • 卒業研究   ( 実験実習 )

  • 微積分学1   ( 講義 )

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 情報科学部3年生4年生の研究室ごとの学生データベース構築【大学院進学奨励資料,学生情報の教員への提供】

    2015年04月
    -
    継続中

    その他  単独

  • 情報科学部1年生の学修追跡のためのデータベース構築【三者面談の資料作成】

    2011年04月
    -
    2012年03月

    その他  単独

  • 教育センター【基礎力向上講座夏期特別パワーアップ講座開講】

    2011年04月
    -
    2012年03月

    その他  単独

  • 情報科学部1年生の学修追跡のためのデータベース構築【英語語彙力テストの採点・集計・クラス分け/TOEICテストデータの集計と分析】

    2009年04月
    -
    継続中

    その他  単独

  • 情報科学部1年生の学修追跡のためのデータベース構築【数学科目習熟度別クラス分け,学生情報の教員への提供】

    2008年04月
    -
    継続中

    その他  単独

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 毎日文化センター(梅田)2019年度講座「宇宙はどこまで解明されたか」

    2019年04月
    -
    2019年09月

  • 毎日文化センター(梅田)2018年度講座「宇宙をひもとく物理学」

    2018年10月
    -
    2019年03月

    講座,全6回

  • 枚方市立枚方公園青少年センター夏休み教室

    2018年07月
     
     

    「アインシュタインが16歳の時に考えたこと 相対性理論とブラックホール」

  • 西宮市生涯学習大学宮水学園せいかつ講座 講師

    2018年06月
     
     

    普段の生活の中で,ちょっと知っていると得した気分になる物理法則を紹介します.夏を前にして「光」をキーワードに,光の屈折・虹のしくみ・星までの距離の測り方などをテーマにします.

全件表示 >>