藤井 秀司 (フジイ シュウジ)

Syuji FUJII

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

界面コロイド化学、高分子化学

ホームページ

http://www.oit.ac.jp/chem/cherry/4_lab/

プロフィール

1998.3 神戸大学工学部応用化学科卒業(大久保政芳教授 高分子コロイド研究室)
2000.3 神戸大学院自然科学研究科修士課程修了(大久保政芳教授 高分子コロイド研究室)
2003.3 神戸大学院自然科学研究科博士課程修了(大久保政芳教授 高分子コロイド研究室)
2003.4-2003.6 神戸大学 学術研究員(大久保政芳教授 高分子コロイド研究室)
2003.7-2004.7 Sussex大学(英国)博士研究員(Prof. Steven P. Armes研究室)
2004.8-2006.3 Sheffield大学(英国)博士研究員(Prof. Steven P. Armes研究室)
2006.4-2013.3 大阪工業大学 常勤講師(高分子材料化学研究室:中村吉伸教授)
2013.4-2017.3 大阪工業大学 准教授(高分子材料化学研究室:中村吉伸教授)
2017.4-現在 大阪工業大学 教授

非常勤講師
2013年度 九州工業大学大学院工学府
2014年度 九州大学先導物質研究所

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 神戸大学   工学部   応用化学科   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 神戸大学  自然科学研究科  分子物質科学専攻  博士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 神戸大学 -  学士  高分子・繊維材料

  • 神戸大学 -  修士(工学)  高分子・繊維材料

  • 神戸大学 -  博士(工学)  高分子・繊維材料

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    継続中
     

    ・社団法人 高分子学会 (1999.4~現在)   日本国

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    ・社団法人 日本接着学会 (2006.4~現在)  日本国

  • 2006年08月
    -
    継続中
     

    ・粉体工学会 (2006.8~現在)  日本国

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    ・社団法人 近畿化学協会 (2007.4~現在)  日本国

  • 2008年02月
    -
    継続中
     

    ・一般社団法人 表面技術協会  (2008.2~現在)  日本国

全件表示 >>

所属学会委員歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    ・一般社団法人 表面技術協会  (2008.2~現在)   一般社団法人 表面技術協会 ナノテク部会 研究会幹事

  •  
     
     

    ・社団法人 日本化学会 コロイドおよび界面化学部会 (2008.7~現在)   ・第63回コロイドよび界面化学討論会 一般シンポジウム提案者代表 (2011.9) ・事業企画委員会 委員 (2014.4.28~現在) ・コロイドラーニング運営 主査 (2016年度)、副査 (2015年度) ・関西支部 委員 (2014.6.25~現在) ・国際交流委員 (2016~現在) ・幹事 (2017~現在)

  •  
     
     

    ・社団法人 日本接着学会 (2006.4~現在)   ・日本接着学会関西支部若手研究会運営委員 (2006.4~現在) ・日本接着学会関西支部 幹事(第17期2008.8~現在) ・日本接着学会関西支部 第10回若手研究者の会 世話人 (2015.1.27) ・日本接着学会関西支部 微粒子セミナー企画委員 (2014, 2015年度) ・日本接着学会関西支部 第10回若手研究者の会 世話人 (2015.1.27) ・日本接着学会国際交流委員会委員 (2010.4~現在) ・日本接着学会編集委員会委員 (第25期2012.6~現在) ・日本接着学会評議員(第26期2014.6~現在) ・6th Asian Conference on Adhesion, Conference Organizing Committee (2016/6/16-18) ・5th World Congress on Adhesion and Related Phenomena, Organizing Committee (2014/9/7-11)

  •  
     
     

    ・社団法人 高分子学会 (1999.4~現在)    ・高分子学会高分子表面研究会運営委員(第31期2012.4~現在) ・高分子学会関西支部 第81回高分子若手研究会[関西] 世話人(2013.11) ・高分子学会無機高分子研究会運営委員(第32期2013.11~現在) ・高分子複合材料技術開発調査研究委員会 WG委員(平成25年11月1日~2月10日) ・高分子学会広報委員(第33期2016.6~) ・第64回高分子討論会 セッションオーガナイザー(S10. 有機無機ハイブリッド材料を超える無機高分子の最前線)(2015/9/15-17)

  • 2014年04月
    -
    継続中

    高分子ミクロスフィア討論会   運営委員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 高分子・繊維材料

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 機能性高分子微粒子を利用したソフトマテリアルの創製

    研究期間:2021年04月  -  2022年03月

    高分子・微粒子・ナノテクノロジー・生物規範工学・微粒子安定化ソフト分散体

    個人研究

  • 機能性高分子微粒子を利用したソフトマテリアルの創製

    研究期間:2020年04月  -  2021年03月

    高分子・微粒子・ナノテクノロジー・生物規範工学・微粒子安定化ソフト分散体

    個人研究

  • 機能性高分子微粒子を利用したソフトマテリアルの創製

    研究期間:2019年04月  -  2020年03月

    高分子・微粒子・ナノテクノロジー・生物規範工学・微粒子安定化ソフト分散体

    個人研究

  • 機能性高分子微粒子を利用したソフトマテリアルの創製

    研究期間:2018年04月  -  2019年03月

    高分子・微粒子・ナノテクノロジー・生物規範工学・微粒子安定化ソフト分散体

    個人研究

  • 機能性高分子微粒子を利用したソフトマテリアルの創製

    研究期間:2017年04月  -  2018年03月

    高分子・微粒子・ナノテクノロジー・生物規範工学・微粒子安定化ソフト分散体

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Electroless nickel plating on biomineral-based sponge structure

    H. Takeoka, M. Seike, Y. Nakamura, Y. Oaki, S. Fujii  ( 共著 )

    Materials Advances 3, 931-936 (2022)     2022年03月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • Driving droplets on liquid repellent surfaces via light-driven Marangoni propulsion

    H. Hwang, P. Papadopoulos, S. Fujii, S. Wooh  ( 共著 )

    Advanced Functional Materials 32(15), 2111311 (2022)     2022年03月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • Morphological and chemical stabilities of polypyrrole in aqueous media for 1 year

    M. Seike, Y. Asaumi, H. Kawashima, T. Hirai, Y. Nakamura, S. Fujii  ( 共著 )

    Polymer Journal 54, 169-178 (2022)     2022年02月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • Polypyrrole-coated Pickering-type droplet as light-responsive carrier of oily material

    D. Liu, M. Uda, M. Seike, S. Fukui, T. Hirai, Y. Nakamura, S. Fujii  ( 共著 )

    Colloid and Polymer Science 300, 255-265 (2022)     2022年01月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • Tack properties and adhesion mechanism of two different crosslinked polyacrylic pressure-sensitive adhesives

    M. Sasaki, Y. Kashihara, T. Hirai, S. Fujii, Y. Urahama, Y. Nakamura  ( 共著 )

    Journal of Applied Polymer Science 138(31), 50767 (2021)     2021年05月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • NMRによる有機材料分析とその試料前処理、データ解釈 第5章第7節 パルスNMRを用いたコンポジット界面、粘着剤の構造解析

    中村吉伸,平井智康,藤井秀司  ( 共著 )

    株式会社技術情報協会  2021年09月  単行本(学術書)  日本語

  • 別冊・医学のあゆみ バイオミメティクス(生体模倣技術)の医療応用 -生物の神秘と医療に活かす-(下村政嗣編集) 第15章 粒子安定化気液分散体が実現する物質運搬・放出システム

    藤井秀司  ( 共著 )

    医歯薬出版株式会社  2021年09月  単行本(学術書)  日本語

  • 封止・バリア・シーリングに関する材料,成形製膜,応用の最新技術 第5章第1節 半導体封止材料における界面のコントロール

    中村吉伸,平井智康,藤井秀司  ( 共著 )

    ㈱技術情報協会  2021年04月  単行本(学術書)  日本語

  • バイオミメティクス・エコミメティクス -持続可能な循環型社会へ導く技術革新のヒント-(下村政嗣監修)第 III 編第9章 持続型工業の創成に向けて:粘着材料とバイオミメティクスpp271~278藤井秀司, 秋元信一

    藤井秀司, 秋元信一  ( 共著 )

    (株)シーエムシー出版  2021年01月  単行本(学術書)  日本語

  • シランカップリング剤の最新技術動向(中村吉伸監修)第2章 反応メカニズム  1 加水分解・重縮合反応 P8-17中村吉伸,平井智康,藤井秀司

    中村吉伸,平井智康,藤井秀司  ( 共著 )

    (株)シーエムシー出版  2020年09月  単行本(学術書)  日本語

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 界面吸着粒子による液液・気液分散体の安定化

    藤井秀司  ( 単著 )

    化学と工業 75-2, 102 (2022)     2022年03月

    総説・解説(商業誌)  日本語

  • リキッドマーブル工学:アブラムシに学ぶ液体ハンドリング技術

    藤井秀司  ( 単著 )

    化学工学 85(8), 415-417 (2021)     2021年04月

    総説・解説(学術雑誌)  日本語

  • 粒子安定化気液分散体が実現する物質運搬・放出システム

    藤井秀司*  ( 単著 )

    医学のあゆみ 274(13), 1317-1323 (2020)     2020年

    総説・解説(学術雑誌)  日本語

  • コンポジットの界面と接着 第5稿 粘着剤はナノコンポジット

    中村吉伸*,平井智康,藤井秀司  ( 共著 )

    ゴム協会誌 93(9), 300-304 (2020)     2020年

    総説・解説(学術雑誌)  日本語

  • コンポジットの界面と接着 第4稿 シランカップリング剤はインテグラルブレンドが効果的

    中村吉伸*,平井智康,藤井秀司  ( 共著 )

    ゴム協会誌 93(7), 243-247 (2020)     2020年

    総説・解説(学術雑誌)  日本語

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • エポキシ系構造体の製造方法

    特許

    特願:2021-140259 

    藤井秀司、青木祥一朗、中村吉伸、平井智康、椙尾孝司

    出願国:日本国  出願日:2021年08月30日  出願人名称:学校法人常翔学園、株式会社スリーボンド

  • ゲル体の製造方法

    藤井秀司、中村吉伸、江口洋介

    出願国:日本国  出願日:2012年07月30日  出願人名称:学校法人常翔学園

  • 複合粒子及びそれを用いた細胞製剤

    古薗 勉、稲葉雅章、福本真也、三間洋平、藤井秀司、小粥康充、松田晶二郎、高森秀樹

    出願国:日本国  出願日:2012年04月26日  出願人名称:学校法人近畿大学、公立大学法人大阪市立大学、学校法人常翔学園、株式会社ソフセラ、グンゼ株式会社

  • 骨置換多孔質体形成用ペースト及びその製造方法

    岩﨑泰彦、澤田彩、藤井秀司

    出願国:日本国  出願人名称:関西大学

  • ポリピロール-パラジウムナノコンポジット被覆繊維及びその製造方法

    藤井秀司、中村吉伸

    出願国:日本国  出願人名称:学校法人常翔学園

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 高分子学会旭化成賞

    高分子学会   国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    受賞国:日本国

  • 教育学術新聞 「液滴が変える未来社会」(キャンパス万華鏡 イチオシ研究編②写真が語る大学の横顔)2021年1月27日(水)

    教育学術新聞   その他の賞 

    受賞国:その他

  • NewScientist「Armoured liquid marbles connected together in a chain 1.7 metres long」(2020年11月30日)

    NewScientist   その他の賞 

    受賞国:その他

  • Advanced Science News「What shapes can we make with liquid marbles?」(2020年11月12日)

    Advanced Science News   その他の賞 

    受賞国:その他

  • 2018年度 学校法人常翔学園 理事長表彰 業務改革賞

    学校法人常翔学園   その他の賞 

    受賞国:日本国

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 太陽光エネルギーによる海水淡水化を実現する共役系高分子被覆綿布の開発

    一般財団法人ササクラ環境科学財団  2021年度(第5回)一般研究助成

    研究期間:2021年08月  -  2022年03月 

  • 光照射による位置選択的接着を実現する共役系高分子粒子の創出

    公益財団法人 日立金属・材料科学財団  第35回材料科学研究助成金(分野:有機高分子材料)

    研究期間:2021年04月  -  2022年03月 

  • 光照射によるカーボンカプセル材料創出法の開発

    科学技術振興機構  研究成果展開事業 大学発新産業創出プログラム<社会還元加速プログラム(SCORE)大学推進型> 

    研究期間:2020年10月  -  2021年03月 

  • リキッドマーブル工学に基づく液滴形状制御技術の開拓

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(B)

    研究期間:2020年04月  -  継続中 

  • 単粒子膜安定化リキッドマーブルの形成機構の解明と刺激応答性評価

    日本学術振興会  令和2年度二国間交流事業共同研究・セミナー ドイツ(DAAD)との共同研究

    研究期間:2020年04月  -  継続中 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 気相重合を利用したヤヌス型高分子粒子の創出

    竹内和総・平井智康・中村吉伸・藤井秀司

    国内会議  第21回高分子ミクロスフェア討論会  口頭(一般)

    2022年03月
     
     

  • 六角形高分子プレートの泡安定化剤としての機能評価

    櫻井優吏・平井智康・中村吉伸・藤井秀司

    国内会議  第21回高分子ミクロスフェア討論会  口頭(一般)

    2022年03月
     
     

  • バイオミメティック材料省エネ型ものづくり

    藤井秀司

    国内会議  宮水学園塩瀬地域講座  口頭(招待・特別)

    2022年02月
     
     

  • Liquid marble: From Nature to Technology

    Syuji FUJII

    国内会議  2022 WMSCU X OIT research seminar  口頭(招待・特別)

    2022年01月
     
     

  • Shape-designable liquid marble stabilized with polymer plates

    Junya Fujiwara; Florian Geyer; Yuta Asaumi; Doris Vollmer; Hans-Jürgen Butt; Tomoyasu Hirai; Yoshinobu Nakamura; Syuji Fujii

    国内会議  2020 環太平洋国際化学会議(PACIFICHEM 2020)  口頭(一般)

    2021年12月
     
     

全件表示 >>

 

ティーチング・ポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    教育の理念:

    ・挨拶ができる、礼儀正しい、芯のある人物を育てる。
    ・教育と研究は両輪であり、研究を通じて教育し、社会で通用する考える力、行動力を持った人物を育てる。
    ・自らの頭で考え、光るアイデアを出し、チームワークを大切にして情熱的に行動し、結果に責任が持てる人物を育てる。

    教育の理念の具現化・成果等:

    ・企業研究者の生きた知識、情報を、講義に取り入れることで、現場で起こっていること、臨場感を伝える努力をしている。
    ・身の回りで目にする、触れる、現象、物質と化学・科学をつなげ、常に学生が興味を引く講義を心がけている。その結果、授業アンケートで高評価を出ることができた。
    ・実物のサンプルを講義で紹介し、目で見て、手で触れてもらうことで、体と頭で、講義内容を理解してもらう努力をしている。
    ・研究室配属された学生には、必ず学会での口頭発表を行ってもらい、社会で活躍する企業人、研究者に意見をもらい、自己研鑽の機会を与えている。さらに、研究内容を、一流欧文誌へ論文投稿し、自身が取り組む研究の世界的レベルを感じてもらうようにしている。2020年度の成果は、業績欄に入力している。

    今後の目標・改善点等:

    ・企業で活躍する研究者と、学生が対面で会い、会話ができる機会を提供する。
    ・学生に、一流大学の学生と共同研究、学会運営をする機会を提供する。
    ・引き続き、一流学術誌に論文を掲載し、学生に世界と伍する力があることを実感してもらう。

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 応用化学実験D   ( 実験実習 )

  • 化学a   ( 講義 )

  • 基礎化学演習c   ( 演習 )

  • 応用化学実験A   ( 実験実習 )

  • 化学安全衛生管理   ( 講義 )

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 研究室配属された学生には、必ず学会での口頭発表を行ってもらい、その内容を、一流欧文誌へ論文投稿している。

    2021年04月
    -
    2022年03月

    その他  単独

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • Soft Interface Seminar XI開催

    2021年04月
    -
    現在

  • Soft Interface Seminar XVII開催

    2021年04月
    -
    現在

  • Soft Interface Seminar VII 開催

    2021年04月
    -
    現在

  • Soft Interface Seminar VIII 開催

    2021年04月
    -
    現在

  • Soft Interface Seminar IX開催

    2021年04月
    -
    現在

全件表示 >>