大山 理 (オオヤマ オサム)

OHYAMA Osamu

写真a

職名

教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 大阪工業大学   工学部   土木工学科   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪工業大学  工学研究科  土木工学専攻  博士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪工業大学 -  博士(工学)  構造工学・地震工学・維持管理工学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    継続中
     

    公益社団法人 土木学会  日本国

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    公益社団法人 コンクリート工学会  日本国

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    国際構造工学会  スイス連邦

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    一般社団法人 日本鋼構造協会  日本国

  • 2011年04月
    -
    継続中
     

    公益社団法人 プレストレストコンクリート工学会  日本国

所属学会委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    継続中

    公益社団法人 土木学会   複合構造委員会 委員 兼幹事

  • 2019年04月
    -
    継続中

    一般社団法人 日本鋼構造協会    鋼構造と火災小委員会 副委員長

  • 2019年04月
    -
    継続中

    公益社団法人 土木学会   複合構造委員会 複合構造の継続教育小委員会 主査

  • 2021年04月
    -
    継続中

    公益社団法人 土木学会   複合構造委員会 土木構造物の300年暴露プロジェクト小委員会

  • 2021年04月
    -
    継続中

    公益社団法人 土木学会   上級・1級土木技術者資格(コースB) 幹事

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 構造工学・地震工学・維持管理工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 合理的な鋼・コンクリート二重合成Ⅰ桁橋の設計法に関する研究

    研究期間:2017年04月  -  継続中

    二重合成構造,下コンクリート床版

    国内共同研究

  • 既設単純合成桁橋のジョイントレス構造の適用に関する研究

    研究期間:2017年04月  -  継続中

    個人研究

  • 高強度軽量プレキャストPC床版を用いた合成桁橋の力学特性に関する研究

    研究期間:2016年04月  -  継続中

    国内共同研究

  • 鋼・コンクリート合成床版の乾燥収縮挙動に関する実験的研究

    研究期間:2016年04月  -  継続中

    国内共同研究

  • 熱履歴を受けた合成桁橋の安全性評価

    研究期間:2015年04月  -  継続中

    合成桁,火災,

    個人研究

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 炭素繊維複合材ケーブルを用いたプレキャストPC床版の耐火性能

    東 洋輔,幸田英司,大山 理,今川雄亮  ( 共著 )

    コンクリート工学年次大会2022(千葉) 第44回コンクリート工学講演会     2022年07月

    研究論文(学術雑誌)  日本語

  • 軽量コンクリート2種を用いたプレキャストPC床版における高強度スタッドのせん断耐力および疲労強度

    今川雄亮,小林 崇,尾籠秀樹,大山 理  ( 共著 )

    構造工学論文集   Vol.68A   804 - 812   2022年03月

    研究論文(学術雑誌)  日本語

  • 熱履歴を受けた合成桁橋の合成挙動に関する解析的研究

    野上雄暉,今川雄亮,大山 理  ( 共著 )

    第34回 日本道路会議     2021年11月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  日本語

  • 都市狭隘部における小スパン橋梁の構造提案

    尾曽友哉,今川雄亮,大山 理  ( 共著 )

    第34回 日本道路会議     2021年11月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  日本語

  • 角鋼ジベルを用いた鋼コンクリート合成床版橋の連続化のための負曲げ部ひび割れ制御

    西井大樹,岡本 裕,八戸翔平,畑 千晴,段下義典,大山 理  ( 共著 )

    第14回 複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集     59-1 - 59-8   2021年11月

    研究論文(学術雑誌)  日本語

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 構造力学問題集-基本問題からチャレンジ問題まで-

    東山浩士,石川敏之,上中宏二郎,大山 理  ( 共著 )

    株式会社 コロナ社  2021年03月  教科書  日本語

  • 鋼道路橋設計便覧

    公益社団法人 日本道路協会  ( 分担執筆 )

    丸善出版株式会社  2020年10月  単行本(学術書)  日本語

  • プレビーム合成桁橋設計施工指針 第4版

    プレビーム合成桁橋設計施工指針改定委員会  ( 共著 )

    一般社団法人 国土技術研究センター  2018年08月  単行本(学術書)  日本語

  • 土木学会 複合構造シリーズ08 基礎からわかる複合構造-理論と設計- 2017年版

    大山 理,葛西 昭,内藤英樹,街道 浩,北根安雄,古市耕輔  ( 共著 )

    丸善出版株式会社  2017年12月  単行本(学術書)  日本語

  • 道路橋示方書・同解説 Ⅱ鋼橋・鋼部材編

    公益社団法人 日本道路協会 鋼橋小委員会  ( 分担執筆 )

    丸善出版株式会社  2017年11月  単行本(学術書)  日本語

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 火災による熱履歴を受けた鋼コンクリート合成桁橋の安全性評価

    大山 理  ( 単著 )

    橋梁と基礎,㈱建設図書   54 ( 4 ) 46 - 47   2020年04月

    総説・解説(学術雑誌)  日本語

  • 橋台部ジョイントレス構造における鋼-コンクリート接合構造の設計・施工手法に関する共同研究報告書(その2)

    国立研究開発法人 土木研究所,大阪工業大学,一般社団法人 日本橋梁建設協会  ( 共著 )

    国立研究開発法人 土木研究所 共同研究報告書   ( 490 )   2017年08月

    機関テクニカルレポート,プレプリント等  日本語

  • アメリカ・9マイル跨道橋の火災による落橋要因の一解析

    柳澤則文,今川雄亮,Marcus P. RUTNER,大山 理  ( 共著 )

    橋梁と基礎 第48巻6月号 pp.26~30,㈱建設図書 ( 橋梁と基礎 第48巻6月号 pp.26~30,㈱建設図書 )   2014年06月

    機関テクニカルレポート,プレプリント等  日本語

  • 橋梁用耐火パネルの開発~挑戦:橋を火から守る~

    柳澤則文 越後 滋 大山 理 栗田章光

    ( 川田工業㈱技報,論文・報告3-1~3-6 )   2012年12月

  • 火災による下路トラス橋の落橋温度の推定

    大山 理 宮地真一 山本正寿 Geralt Siebert 栗田章光

    ( 橋梁と基礎 第46巻11月号 pp.28~32,㈱建設図書 )   2012年11月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 土木学会 第58回年次学術講演会 優秀講演賞

    (社)土木学会   その他の賞 

    受賞国:その他

  • 土木学会 第56回年次学術講演会 優秀講演賞

    (社)土木学会   その他の賞 

    受賞国:その他

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 火災による熱履歴を受けた鋼・コンクリート合成桁橋の疲労耐久性

    研究期間:2020年04月  -  2023年03月 

  • 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 火災を受けた橋梁の性能評価法の構築

    研究期間:2016年04月  -  2019年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • コンクリートによる圧縮フランジの耐荷力向上に関する基礎的研究

    岡山尚輝,大村浩平,今川雄亮,大山 理

    国内会議  土木学会関西支部 年次学術講演会  口頭(一般)

    2021年05月
     
     

  • 火災による合成桁橋の合成効果に関する研究

    野上雄暉,髙橋佑介,今川雄亮,大山 理

    国内会議  土木学会関西支部 年次学術講演会  口頭(一般)

    2021年05月
     
     

  • 合理化を図った細幅箱桁橋の提案

    大村浩平,今川雄亮,大山 理

    国内会議  (一社)建設コンサルタンツ協会 近畿支部 第53回(令和2年度)研究発表会  口頭(一般)

    2020年10月
     
     

  • 火災後における鋼コンクリート合成桁の合成挙動に関する研究

    髙橋佑介,今川雄亮,大山 理

    国内会議  土木学会全国大会 第75回年次学術講演会  口頭(一般)

    2020年09月
     
     

    【発表要旨集】 令和2年度 土木学会全国大会 第75回年次学術講演会 [講演概要集]  CS6-11  2020年09月

  • 火災後の腹板および下フランジの面外変形が鋼箱桁橋のねじり耐荷力に及ぼす影響

    村川友則,髙橋佑介,冨田耕司,今川雄亮,大山 理

    国内会議  土木学会全国大会 第75回年次学術講演会  口頭(一般)

    2020年09月
     
     

    【発表要旨集】 令和2年度 土木学会全国大会 第75回年次学術講演会 [講演概要集]  I-138  2020年09月

全件表示 >>

 

ティーチング・ポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    教育の理念:

     インフラの計画,設計,施工ならびに維持管理を通して社会貢献できる技術者の育成

    教育の理念の具現化・成果等:

     毎回,授業のはじめに,具体的な構造を例に,学ぶ内容(ゴール)を示すようにしている.授業は,板書における字の大きさ,丁寧さ(2020年度はオンライン授業が主体でしたので,作成するPower Pointの見易さ)は,常に意識するとともに,レポート,テストなどの他に,授業アンケートやコミュニケーションカード(大福帳)などを通じて学生の理解度を把握し,理解度が不足している点に関しては,翌回の授業の冒頭に再度説明をしたり,補助資料を作成し,補うことに努めている.
     「構造力学」に関する授業では,原理原則を解説した後,例題を多く取り扱うことにしている.「橋梁工学」や「複合構造学」の授業では,具体的な構造を写真や模型で示すことで理解を促進するようにしている.

    今後の目標・改善点等:

     自然災害の質や国内外の経済状況など社会情勢の変化を把握し,その変化に対応できる内容を授業に取り入れるようにする.

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 橋梁工学,複合構造学,構造力学a,構造力学b,都市デザイン工学入門   ( 講義 )

  • デザイン探求演習<PBL>,都市デザイン工学II演習   ( 演習 )

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 鋼構造技術者育成のための講習会 「耐火設計」

    2015年07月
     
     

  • 鋼・コンクリート合成桁橋の限界状態設計法に関する基礎

    2012年07月
     
     

  • 橋梁火災の事例と対策

    2012年07月
     
     

  • 合成桁橋の限界状態設計法に関する基礎

    2011年11月
     
     

  • Recent Development of Steel-Concrete Hybrid Bridges in Japan

    2002年10月