下村 修 (シモムラ オサム)

Osamu Shimomura

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

高分子合成、有機機能材料、潜在性触媒

ホームページ

https://www.chem.oit.ac.jp/cherry/1_lab/index.php

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 大阪工業大学   工学部   応用化学科   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪工業大学  工学研究科  応用化学専攻  修士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学 -  博士(工学)  高分子化学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    継続中
     

    日本化学会  日本国

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    高分子学会  日本国

  • 2011年10月
    -
    継続中
     

    日本接着学会  日本国

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    日本無機リン化学会  日本国

  • 2014年05月
    -
    継続中
     

    アメリカ化学会(American Chemical Society)  日本国

所属学会委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    高分子学会関西支部   地区幹事

  • 2019年03月
    -
    2021年02月

    日本化学会近畿支部幹事   幹事

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 高分子合成、ハイブリッド材料

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 危険物取扱者(甲種)

  • 危険物取扱者(乙種)

  • 特定化学物質等作業主任者

  • 有機溶剤作業主任者

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 無機層状化合物を利用する潜在性触媒の開発

    研究期間:2020年04月  -  2021年03月

    熱潜在性触媒、イミダゾール、アミン、エポキシ樹脂、ポリウレタン

  • アミン類をインターカレーションしたリン酸ジルコニウムを熱潜在性触媒として用いるエポキシ樹脂の硬化挙動

    研究期間:2018年04月  -  2019年03月

    熱潜在性触媒、イミダゾール、アミン、エポキシ樹脂、ポリウレタン

  • アミン類をインターカレーションしたリン酸ジルコニウムを熱潜在性触媒として用いるエポキシ樹脂の硬化挙動

    研究期間:2012年

    熱潜在性硬化剤、エポキシ樹脂、インターカレーション、アミン

    国内共同研究

  • アルキルアミンをインターカレーションしたα-リン酸ジルコニウムの合成と反応挙動

    研究期間:2012年

    リン酸ジルコニウム、インターカレーション、相間反応

  • アミン類をインターカレーションしたリン酸ジルコニウムを熱潜在性触媒として用いるエポキシ樹脂の硬化挙動

    研究期間:

    熱潜在性硬化剤、エポキシ樹脂、インターカレーション、アミン

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Zeolitic Imidazolate Frameworks as Latent Thermal Initiators in the Curing of Epoxy Resin

    Osamu Shimomura , Hiroshi Furuya , Daiki Fukumoto , Atsushi Ohtaka , Ryoki Nomura  ( 共著 )

    ACS OMEGA   6 ( 45 ) 30292 - 30297   2021年11月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • DBU-Intercalated a-Zirconium Phosphates as Latent Thermal Catalysts in the Reaction of Hexamethylene Diisocyanate and Phenol

    Osamu Shimomura * , Hideki Kusu, Atsushi Ohtaka, Ryôki Nomura  ( 共著 )

    Catalysts   11   614   2021年05月

    研究論文(学術雑誌)  英語

  • Simple Modifications for the Facile Preparation of 1,1,2,3,4,4-Hexaaryl-1,3-butadienes

    Tomoya Sakaguchi , Naoki Kusumoto , Osamu Shimomura , Atsushi Ohtaka  ( 共著 )

    Helvetica Chimica Acta   105 ( 2 )   2022年02月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • Suzuki-Miyaura Cross-Coupling Reaction with Potassium Aryltrifluoroborate in Pure Water using Recyclable Nanoparticle Catalyst

    Misa Kawase , Kyosuke Matsuoka , Tsutomu Shinagawa , Go Hamasaka , Yasuhiro Uozumi , Osamu Shimomura , Atsushi Ohtaka  ( 共著 )

    SYNLETT   33 ( 01 ) 57 - 61   2022年02月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

  • Acceleration Effects of 1,5,7-Triazabicyclo[4.4.0]dec-5-ene (TBD) with 2-Methylimidazole-Intercalated α-Zirconium Phosphate as a Latent Thermal Initiator in the Reaction of Glycidyl Phenyl Ether(GPE) and Hexahydro-4-Methylphthalic Anhydride (MHHPA)

    Shimomura, O., Sasaki, S., Kume, K., Ohtaka, A., Nomura, R.  ( 共著 )

    Journal of polymer science; Part A: polymer chemistry   57   2557 - 2561   2019年10月

    研究論文(学術雑誌)  英語

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 重合開始剤,架橋剤,硬化剤の選び方,使い方とその事例

    下村修 他  ( 共著 )

    技術情報協会  2021年05月  単行本(学術書)  日本語

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 一液型ロングライフ熱潜在性硬化剤の開発

    下村修  ( 単著 )

    化学工業   72 ( 10 ) 653 - 656   2021年10月

    総説・解説(商業誌)  日本語

  • 「さくらサイエンスプログラム」友情と感激

    下村 修  ( 単著 )

    文教ニュース   2671   40   2021年10月

    総説・解説(大学・研究所紀要)  日本語

  • 層剥離したリン酸ジルコニウムヒドロゲルのpH応答性薬物キャリアとしての利用

    上岡博樹,下村修  ( 共著 )

    Phosporus Letter   ( 96 ) 14 - 20   2019年10月

    総説・解説(学術雑誌)  日本語

  • 平成12年度産業科学技術研究開発テーマ(大学連携型) 微粒子利用型生体結合物質等創成技術の研究開発成果報告書

    高橋孝志、下村修、田中浩士、18‐25

        2000年

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 熱硬化性組成物および硬化物の製造方法

    特許

    特願:特願2021-007401 

    下村 修

    出願国:日本国  出願日:2021年01月20日  出願人名称:学校法人常翔学園

  • 潜在性硬化触媒及びそれを含む樹脂組成物

    特許

    特願:PCT/JP2020/17678 

    下村 修, 岩谷 一希

    出願国:日本国  出願日:2020年04月24日  出願人名称:学校法人常翔学園、ナミックス株式会社

  • 潜在性硬化触媒及びそれを含む樹脂組成物

    特許

    特願:109113828 

    下村 修, 岩谷 一希

    出願国:タイワン(台湾)  出願日:2020年04月24日  出願人名称:学校法人常翔学園、ナミックス株式会社

  • 潜在性硬化触媒及びそれを含む樹脂組成物

    特許

    特願:特願2019-088045  特開:特開2020-183473 

    下村 修, 岩谷 一希

    出願国:日本国  出願日:2019年05月08日  出願人名称:学校法人常翔学園、ナミックス株式会社

    公開日:2020年11月12日 

  • エポキシ樹脂組成物

    特許

    特願:特願2012-251986  特開:特開2014-101397 

    下村 修

    出願国:日本国  出願日:2012年11月16日  出願人名称:学校法人 常翔学園

    公開日:2014年06月05日 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ゼオライト型イミダゾラート構造体を熱潜在性硬化剤として利用する エポキシ-酸無水物系反応

    下村 修, 古家 周, 大高 敦

    国内会議  日本接着学会第60回年次大会  ポスター(一般)

    2022年06月
     
     

  • DBUをインターカレートしたα−リン酸ジルコニウムを熱潜在性触媒として用いるポリウレタン合成反応の遅延化

    下村 修、楠 秀樹、大高 敦、野村良紀

    国内会議  第30回無機リン化学討論会  ( 京都 )  口頭(一般)

    2021年09月
     
     

  • ゼオライト型イミダゾラート構造体を熱潜在性硬化剤として利用するエポキシ樹脂の反応

    下村修,古家周,福本大貴,大高敦,野村良紀

    国内会議  日本接着学会第59回年次大会  口頭(一般)

    2021年06月
     
     

  • キヌクリジンをインターカレートしたα―リン酸ジルコニウムを熱潜在性開始剤として用いるグリシジルフェニルエーテルの反応

    下村 修, 臼井遊弥, 大高敦, 野村良紀 

    国内会議  第58回日本接着学会年次大会  ポスター(一般)

    2020年06月
     
     

  • TBD を反応促進剤として用いるエポキシ―酸無水物系硬化反応

    ○下村 修・佐々木 優・久米 佳織・大高 敦・野村 良紀

    国内会議  日本化学会第100春季年会  ポスター(一般)

    2020年03月
     
     

全件表示 >>

 

ティーチング・ポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    教育の理念:

    社会のニーズに応える実践的な能力を備え、専門分野にとらわれない広い視野を持った技術者を育成する。

    教育の理念の具現化・成果等:

    卒業研究を通じて、企業の持つ課題の解決に取り組むことで実学に基づく問題解決能力を育む。さらに海外の大学との国際交流を通じて、国際的なバランス感覚を育む。

    今後の目標・改善点等:

    他学科、あるいは他大学を含めた交流を盛んにして、学生本人が刺激を受け、自ら学ぶ意識を持ち成長を促す。

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 有機化学II   ( 講義 )

  • 高分子化学特論   ( 講義 )

  • 基礎化学演習b   ( 演習 )

  • 化学   ( 講義 )

  • 応用化学実験B   ( 実験実習 )

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 教授法開発懇談会

    2021年03月
     
     

    その他  共同

  • 応用化学実験、演習配布教材の改訂

    2020年04月
    -
    継続中

    教科書  共同

  • 実用化を目指した製品開発の教育への反映

    2019年04月
    -
    継続中

    その他  単独

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 反応性・機能性材料シンポジウム

    2014年03月