田岡 育恵 (タオカ イクエ)

Ikue Taoka

写真a

職名

教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 大阪外国語大学   外国語学部   ドイツ語学科   日本国

  • 大阪外国語大学   外国語学部   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  文学研究科  英文学  博士課程  単位取得満期退学  日本国

  • 大阪市立大学  文学研究科  博士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪外国語大学 -  文学士  ヨーロッパ文学

  • 大阪外国語大学 -  文学士  英語学

  • 大阪大学 -  文学修士  英語学

  • 大阪市立大学 -  文学博士  言語学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1986年11月
    -
    継続中
     

    日本英語学会  日本国

  • 1986年11月
    -
    継続中
     

    関西言語学会  日本国

  • 1993年11月
    -
    継続中
     

    英語語法文法学会  日本国

  • 1998年12月
    -
    継続中
     

    日本語用論学会  日本国

  • 2000年09月
    -
    継続中
     

    日本認知言語学会  日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 言語学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 動詞manageの意味について

    研究期間:2014年

    動詞の意味

  • 動詞の根源的意味と文脈において生じてくるニュアンス

    研究期間:

    turn out, happen, find itself, 偶然性、変化を表す表現、無生物主語

  • TOEIC問題と語用論

    研究期間:

    推論,語の連想、TOEIC、文脈

  • 英語意味論・語用論研究

    研究期間:

    動詞の語法

  • 英語の意味論及び語法研究

    研究期間:

    動詞の意味

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Ad hoc concepts in AND-construction

    Ikue Taoka  ( 単著 )

    大阪工業大学紀要   66 ( 2 ) 7 - 11   2022年01月

    研究論文(大学,研究機関紀要)  英語

  • A Study of Concessive and Contrastive AND

    Ikue Taoka  ( 単著 )

    大阪工業大学紀要   65 ( 2 ) 77 - 82   2021年01月

    研究論文(大学,研究機関紀要)  英語

  • butと置換可能とされるandについての一考察

    田岡育恵  ( 単著 )

    英語語法文法研究   27   126 - 131   2020年12月

    研究論文(学術雑誌)  日本語

  • オクシモロンの日英語比較研究

    田岡育恵  ( 単著 )

    大阪工業大学紀要   64 ( 1 ) 35 - 41   2019年09月

    研究論文(大学,研究機関紀要)  日本語

  • オクシモロンの解釈過程について

    田岡育恵  ( 単著 )

    大阪工業大学紀要   63 ( 1 ) 29 - 37   2018年09月

    研究論文(大学,研究機関紀要)  日本語

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語表現の形式における矛盾と伝達効果

    田岡 育恵  ( 単著 )

    英宝社  2007年02月  単行本(学術書)  日本語

    【原書情報】 英語表現の形式における矛盾と伝達効果  田岡育恵  2007年02月  日本語

  • 英語表現の意味と形式

    田岡 育恵  ( 単著 )

    近代文芸社  2000年09月  単行本(学術書)  日本語

    【原書情報】  田岡育恵

  • 成田義光教授還暦記念論文集

    田岡 育恵  ( 分担執筆   担当範囲:「譲歩」のWhen )

    英宝社  1992年07月  単行本(学術書)  日本語

    【原書情報】  1992年07月

  • 言葉のからくり

    田岡 育恵  ( 分担執筆   担当範囲:Turn Outの意外性について )

    英宝社  2004年03月  単行本(学術書)  日本語

    【原書情報】  2004年03月

  • 英語のテンス・アスペクト・モダリティ(阪大英文学叢書2) 

    田岡 育恵  ( 分担執筆   担当範囲:Happenのモダリティ )

    英宝社  2005年10月  単行本(学術書)  日本語

    【原書情報】  成田義光・長谷川存古共編

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • オクシモロンの謎ー意味の矛盾と伝達効果

    書評  大阪工業大学 

    2020年09月
     
     
     

  • 言語表現の形式と意味の対応

    その他  大阪工業大学 

    2019年09月
     
     
     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • butと置換可能とされるandについての一考察

    田岡育恵

    国内会議  英語語法文法学会第27回大会語法ワークショップ  ( 北九州市立大学 )  口頭(一般)

    2019年10月
     
     

    【発表要旨集】 英語語法文法学会第27回大会予稿集  17  -  21  2019年10月

  • 「近くて遠い」とnear and farーオクシモロンの観点から

    田岡育恵

    国内会議  英語語法文法学会第26回大会  ( 立命館大学 )  口頭(一般)

    2018年10月
     
     

    【発表要旨集】 英語語法文法学会第26回大会予稿集  17  -  21  2018年10月

  • Fail to不定詞の意味と用法

    田岡育恵

    国内会議  英語語法文法学会20周年記念大会  ( 近畿大学 )  口頭(一般)

    2012年10月
     
     

  • 「たまたま」とHappen to不定詞

    田岡育恵

    国内会議  英語語法文法学会第19回大会  ( 奈良女子大学 )  口頭(一般)

    2011年10月
     
     

  • Happen to不定詞とその「偶然性」

    田岡育恵

    国内会議  第4回言語情報学会  ( 大阪市立大学 )  口頭(一般)

    2009年11月
     
     

全件表示 >>

 

ティーチング・ポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2022年度

    教育の理念:

    学生一人一人とのコミュニケーションを大切にする.また,本来,勉学が劣っているというような学生はいないと信じている.優秀な学生には更に学びたいという意欲を湧かせるように,遅れている学生には,励まし,分からない箇所を克服させるように努める.

    教育の理念の具現化・成果等:

    学生からのメールには,何をおいても先に返信をするようにしている.必要と判断すれば,父兄にも電話で状況を知らせる.父兄からは「いつも丁寧な対応」と言っていただいている.授業時には,学生のレベルに応じて質問内容を変え,優秀な学生には更に上を目指すように,そして,遅れている学生には自信を持たせることを心がけている.

    今後の目標・改善点等:

    学生との協同を強める工夫をし,学生も自分も一層,充実して,しかも楽しい授業ができるようにしていきたい.学生からのフィードバックのみならず,授業外での声掛けや学生との雑談も重要と考え,それらの実践も心がけたいと思う.

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 英語表現(basic1)b(後期月1,月2,木1,木2)   ( 講義 )

  • 英語表現(basic2)a  

  • 英語表現(basic2)b  

  • 基礎ゼミナール  

  • 英語表現(basic1)a(前期月1,月2,木1,木2)   ( 講義 )

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • オンライン授業への取り組み

    2020年04月
    -
    継続中

    その他  単独

  • 基礎ゼミ担当学生への対応(父兄対応含む)

    2020年04月
    -
    継続中

    その他  単独

  • 修学指導,父母面談

    2019年09月
    -
    2020年03月

    その他  単独

  • 図書館と連携したTOEIC指導

    2019年09月
    -
    2019年12月

    その他  単独

  • 国際PBL参加学生の英語支援

    2019年06月
    -
    2019年07月

    その他  単独

全件表示 >>