重弘 裕二 (シゲヒロ ユウジ)

SHIGEHIRO Yuji

写真a

職名

教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学   工学部   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  工学研究科  博士課程  単位取得満期退学  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 -  博士(工学)  電子デバイス・電子機器

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1987年03月
    -
    継続中
     

    IEEE(The Institute of Electrical and Electronics Engineers)  アメリカ合衆国

  • 1987年07月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会  日本国

  • 1995年07月
    -
    継続中
     

    情報処理学会  日本国

  • 1998年11月
    -
    継続中
     

    計測自動制御学会  日本国

  • 1998年12月
    -
    継続中
     

    電気学会  日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 数理情報学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 交通渋滞緩和のための遺伝的アルゴリズムに基づく道路交通管制

    研究期間:2009年04月  -  2012年03月

    交通渋滞緩和、遺伝的アルゴリズム、道路交通管制

  • 組合せ最適化問題に対するメタヒューリスティックス手法

    研究期間:2003年04月  -  継続中

    メタヒューリスティックス、組合せ最適化

    個人研究

  • メタヒューリスティックスに基づく最適化

    研究期間:1999年04月  -  2003年03月

    メタヒューリスティックス、組合せ最適化、自律分散システム、遺伝的アルゴリズム、タブサーチ

論文 【 表示 / 非表示

  • 解空間の確率モデルに基づいた大規模問題に対する組合せ最適化手法

    重弘裕二, 増田達也  ( 共著 )

    電気学会論文誌 C   137 ( 8 ) 1090 - 1101   2017年08月

    研究論文(学術雑誌)  日本語

  • 度数分布表とベイズ推定に基づく組合せ最適化手法

    八木祐介, 重弘裕二  ( 共著 )

    令和2年電気関係学会関西連合大会講演論文集     56 - 57   2020年11月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  日本語

  • The Derivation of Electromagnetic Potential and Lorentz Force in Invariant Form

    Yuji Shigehiro  ( 単著 )

    電子情報通信学会研究報告   EMT2019 ( 70 ) 235 - 240   2019年09月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  英語

  • 逆自己畳込みアルゴリズムに基づく組合せ最適化手法の最大充足可能性問題への適用

    八木祐介, 重弘裕二, 山村真由子  ( 共著 )

    2019 年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集     1119 - 1124   2019年09月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  日本語

  • 制約伝播に基づくシフトスケジューリング

    山村真由子, 重弘裕二  ( 共著 )

    電子情報通信学会関西支部第24回学生会研究発表講演会講演論文集     67 - 67   2019年03月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  日本語

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 進化技術ハンドブック 第II巻 応用編:情報・通信システム(19章2節を担当)

    重弘 裕二

    電気学会 進化技術応用調査専門委員会  2011年11月  単行本(学術書) 

    【原書情報】  社団法人電気学会 進化技術応用調査専門委員会 編

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 度数分布表とベイズ推定に基づく組合せ最適化手法

    八木祐介, 重弘裕二

    国内会議  電気関係学会関西連合大会  口頭(一般)

    2020年11月
     
     

  • The Derivation of Electromagnetic Potential and Lorentz Force in Invariant Form

    Yuji Shigehiro

    国内会議  電子情報通信学会研究会  ( 佐賀県武雄市 )  口頭(一般)

    2019年11月
     
     

    【発表要旨集】 電子情報通信学会技術報告, EMT2019-70  235  -  240  2019年11月

  • 逆自己畳込みアルゴリズムに基づく組合せ最適化手法の最大充足可能性問題への適用

    八木祐介, 重弘裕二, 山村真由子

    国内会議  2019 年電気学会電子・情報・システム部門大会  ( 沖縄県中頭郡 )  口頭(一般)

    2019年09月
     
     

    【発表要旨集】 2019 年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集  1119  -  1124  2019年09月

  • 制約伝播に基づくシフトスケジューリング

    山村真由子, 重弘裕二

    国内会議  電子情報通信学会関西支部第24回学生会研究発表講演会  口頭(一般)

    2019年03月
     
     

  • 逆自己畳み込みに基づく組合せ最適化

    福井聡史, 尾張優哉, 山村真由子, 重弘裕二

    国内会議  平成30年電気関係学会関西連合大会  口頭(一般)

    2018年12月
     
     

全件表示 >>

 

ティーチング・ポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    教育の理念:

    大学における教育とは、学生が社会に出てから自ら活動できるようになるように、手助けをすることである。

    教育の理念の具現化・成果等:

    教員側から押し付けるのではなく、可能な限り、学生が自ら考え決定するようにさせる。例えば、学部生であっても研究テーマを考えてもらう。
    成果は、その学生が社会に出てから判断されるべきではあるが、例えば、学生の思いつきと熱意で始めた研究が学術論文になった例が複数ある。

    今後の目標・改善点等:

    学生が多様化しており、個々の学生に対して異なる対応が必要になってきている。大学業務が多く時間が取れないが、真摯に学生に対応していきたい。